Find My
9to5Mac

開発者向けのiOS 14.5ベータ3にて、「探す」アプリ内に噂の失せ物追跡タグAirTags(仮)やサードパーティ製アクセサリを探せる「持ち物」(Item)タブが追加され、Beatsヘッドホンなどが探せるようになっていると伝えられています。

AirTagsとは、バッグやカギなどに付けて「探す」アプリから追跡できるようにするTileのような製品と推測されています。アップル公式動画にも(うっかり)名前が出たことのあるため公然の秘密となっていますが、昨年(2020年)末にもiOS 14.3ベータ1内から「探す」アプリと紐付ける手引き動画が見つかって発売が近づいていると予感させました。さらにiOS 14.3(正式版)の「探す」アプリで隠しタブ「持ち物」が有効にできることも発見されています

そして今回新たに、iOS 14.5ベータ3では、隠し要素ではなくデフォルトで「持ち物」タブが有効になったと報告されています。以前は開発者設定を切り替えたり、Safariで「findmy://items」を入力する必要がありましたが、最新ベータ版では全てのユーザーに対して自動的に表示されるようになりました。

最新ベータ3を入れた環境で初めて「探す」を開くと、「ようこそ」画面が表示されてアプリの新機能が紹介されます。そこにはサードパーティ製アクセサリも追跡可能、通知の改善、[探す]ネットワーク(アップル製品同士の通信網。WWDC19にて発表済み)のサポートが含まれています。

アップルは昨年のWWDC20にて「探す」アプリをサードパーティ製品にも開放すると発表しています。ただし「探す」に登録したハードウェアは競合するサービスでの使用が禁じられるなど(つまりAndroidでは利用できなくなる)条件が厳しすぎるとも噂されていました

アップルが他社製品だけ便利となる「探す」機能をアップデートを提供するとは考えにくく、3月とも言われるスペシャルイベントで、AirTagと同時にiOS 14.5正式版も配信が開始されるのかもしれません。

Source:MacRumors,9to5Mac