MagSafe Battery
Apple

アップルは20日、最新システムソフトウェアiOS 14.7を配信開始しました。前回のiOS 14.6から約2ヶ月ぶりのアップデートとなります。

届いていれば通知から、あるいは「設定-一般 - ソフトウェア・アップデート」から確認して手動でアップデートできます。

今回のアップデートでは、まず先週発表されたiPhone 12シリーズ用MagSafeバッテリーパックの使用に対応。各モデル向けの専用ケースではなく「背中にくっつける」タイプのため、1つ買えば本体サイズに関係なくシリーズ共通で使えます。

第2に“ホーム”AppにHomePodのタイマーを管理する機能が追加されました。これによりiPhoneとiPadのホームアプリからHomePodのタイマーを設定できます。

ほか、Apple Musicのロスレスオーディオやドルビーアトモスの再生にまつわる問題など、複数のバグも修正されています。

またアップルのリリースノートでは言及されていませんが、「%p%s%s%s%s%s%s%%n」などのSSIDを持つWi-Fiネットワークに接続するとWi-Fi機能が破壊される不具合も修正されている可能性があります。追加情報が入り次第、弊誌でもお伝えする予定です。

アップルの公式リリースノートは次の通りです。

iOS 14.7には、iPhone用の以下の機能改善とバグ修正が含まれます:

  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MaxでのMagSafeバッテリーパックの使用に対応

  • HomePodのタイマーを管理する機能が“ホーム” Appに追加

  • “天気”と“マップ”でカナダ、フランス、イタリア、オランダ、韓国、スペインの空気質の情報が利用可能

  • Podcastライブラリで、すべての番組を表示するか、フォローしている番組のみを表示するかを選択可能

  • Apple Musicの“プレイリストを共有”メニューオプションが表示されない問題

  • Apple Musicのロスレスオーディオとドルビーアトモスの再生が予期せず停止することがある問題

  • 一部のiPhone 11モデルで、再起動後に表示されなくなっていたバッテリーサービスのメッセージを復元

  • メールメッセージを作成していると点字ディスプレイに無効な情報が表示される可能性がある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222