Apple Watch

アップルはiOS 14.7アップデート後に、Touch ID搭載iPhoneでApple Watchが解除できなくなる問題が発生していると公式サポート文書で発表しました。Face ID搭載iPhoneには言及されておらず、iPhone SEシリーズやiPhone 8など指紋認証モデルのみの問題である模様です。

Apple Watchは、手首から外すと自動的にロックされます。認証なしに非接触で支払いをしたり、アプリ内の個人データを守るためには必須のセキュリティ対策ですが、再び手首に巻いてロック解除するには2通りの方法があります。ひとつはWatch上でパスコードを入力すること、もう1つは紐付けたiPhoneのロックを解除することです。このうち後者の方が手軽なため、利用する人が多いと思われます。

しかしiOS 14.7アップデート後には、Touch ID搭載iPhoneで本機能が使えないとアップル自らが認めています。新たに公開されたサポート文書では「iOS 14.7 には、Touch ID 搭載モデルの iPhone で Apple Watch のロックを解除できなくなるという問題があります」と述べられています。

アップルいわく、そうした場合は「Apple Watch で直接パスコードを入力し、ロックを解除してください。この作業は、Apple Watch を手首に着けている間は 1 回だけ行えば大丈夫です」とのことです。後半は言われなくても分かっていると思われますが、要するに現時点ではなんら解決策が提示されていません。

さらに「パスコードを忘れてしまった場合は、Apple Watchをリセットが必要です」と付け加えられており、再ペアリングなど面倒な作業が必要となります。「この問題は、今後のソフトウェア・アップデートで解決する見込みです」とされ、現状では手首に着用するたびにパスコード入力が必要となります。

エンタープライズユーザーの場合は、さらに事態は複雑となります。英数字のパスコードを要求するモバイルデバイス管理 (MDM) プロファイルで Apple Watch が iPhone にペアリングされている場合、Apple Watch では直接パスコードを入力できない(入力パネルは0~9の数字のみ)ためです。

Apple Watch のロックが解除できない場合は、以下の手順を行うよう指示されています。

  1. MDM 管理者に、英数字のパスコード条件を iPhone から削除してもらうようにお願いします。

  2. Apple Watch のペアリングを解除し、消去します。

  3. あらためて Apple Watch を設定します。

最後に「MDM 管理者は、この問題を解決する今後のソフトウェア・アップデートがリリースされるまで、Touch ID 搭載の監視対象 iPhone のアップデートを延期できます」と締めくくられています。つまり、すでにiOS 14.7アップデートしてしまった後では手遅れであり、上記の作業をやるしかないと示唆している模様です。

iOS 14.7は今月20日に配信開始されたばかりですが、近日中に緊急のマイナーアップデートがやって来るのかもしれません。

Source:Apple