次期iOS 14(仮)ではiOS 13対応デバイスが全てサポートされる噂

またしても旧iPhone SEが生き残る?

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月2日, 午後 12:15 in ios14
0シェア
FacebookTwitter
iOS14

次期システムソフトウェアiOS 14(仮)は、6月の開発者会議WWDC20で正式発表されると見られています。

そしてメジャーアップデートのたびに注目が集まるのが、過去モデルがサポート対象となるか否かです。この点につき、iOS 13にアップグレードできたデバイスが全て除外されずサポートされるとの噂が報じられています。

今回の噂話は、イスラエルの情報サイトThe Verifierが伝えているもの。同様の観測は、今年初めにフランスのサイトiPhonesoftが「アップルの開発者(主にマップアプリ)から集めた」として報告していました。

Verifierはアップルの噂に関して信頼性が100%とはいかず、当てたり外したりを繰り返しています。が、iOS 13ではiPhone 5sとiPhone 6が対応機種から外されることは正確に予測した実績があります

この噂話が正しければ、iOS 13対応デバイスとしては最古のiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusのサポートがさらに1年継続することになります。これらは、やはり対象となる旧iPhone SEと同じくA9チップを搭載しており、そこが選別の基準となっているのかもしれません。

iOSメジャーアップデートのたびに当落線上を行き来している感のある旧iPhone SEですが、新iPhone SE発売後もサポートから外されないとすれば、少し意外な感があります。その一方で次期iPadOS 14(仮)では、やはり小型タブレットとして人気だったiPad mini 4が対象外となる噂もありますが、こちらはより世代が古いA8チップ搭載だけに、今度こそリストラされる可能性も低くはなさそうです。

Source:The Verifier

Via:9to5Mac

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ios14, applerumor, iphonese, Apple, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents