iPhone Camera

アップルがiOS 15のベータ版を公開してから約2ヶ月が経過しましたが、同OSは、当初に告知されていなかった新機能も搭載される模様です。というのも最新のベータ4にて、写真の後処理時にレンズフレアが自動除去されるという新機能が見つかったと報じられているため。


この新機能は大手掲示板Redditにて報告され、人気カメラアプリ「Halide」の開発者がTwitterでシェアしたものです。

公開された画像サンプルは、太陽が出ている草原で撮影された写真です。こうした環境であれば通常、左の画像のように小さなレンズフレア(カメラのレンズに太陽光などが当たった際、暗部に光が漏れること)が出てしまいます。

実際にこの写真でも、右側の太陽とは反対側の左に白い光点のフレアが出ています。が、右の画像ではそれが除去されているというわけです。

この開発者が撮影後にレンズフレアがあったことに気づいたのは、Live Photos機能(写真を撮影する前後の動きやサウンドを動画として記録する)を使ったときでした。実は左側の画像はライブフォトから切り出したもの。この状態を通常の撮影と見比べると、小さなフレアが発見されたという次第です。

また他のユーザーも、iPhone XSやiPhone 11、iPhone 12にてレンズフレアの自動除去が確認できたと報告しています。

なお、報告のあったiPhoneはどれもがA12 Bionic以降を搭載していますが、「SoCがA12以降であること」はiOS 15に備わった新機能の多くで必須条件となっており、古いiPhoneでも同じことができるかどうかは記事執筆時点では不明です。


ほかiOS 15での撮影関連の新機能としては、FaceTimeのポートレートモード(通話の背景をぼかして本人に焦点を合わせる)、ライブテキスト(写真やスクリーンショット内の文字や文章を通常のテキストのように範囲選択やコピーできる)などが予告されています。これらの機能は2~3年前のiPhoneでも使える予定。楽しみに待ちたいところです。

Source:Reddit

via:9to5Mac