iOS 15

アップルは先週、次期iOS 15の開発者向けベータ版を配信開始しましたが、新たにiPhoneでも画像やテキスト、ファイルなどをアプリ間でドラッグ&ドロップ可能になることが明らかとなりました。

複数のアプリをまたいだドラッグ&ドロップは、2017年からiPadで実現していたことですが、ついにiPhoneにも拡張されるわけです。ただしOS 15でのそれはコンテンツの移動ではなく、常にコピーとなります。

以下、公式プレビューページでの説明です。

ドラッグ アンド ドロップ

アプリ間でのドラッグ・アンド・ドロップのサポートにより、1 つのアプリから画像、ドキュメント、ファイルを選択して別のアプリにドラッグできます。

iOSショートカットなどの情報で知られるMacStories編集長は、この新機能をツイートで実演してくれています。

iOS 15でのドラッグ&ドロップは、まず画像やテキスト、ファイルを長押し。その指を離さずに2本目の指を使ってアプリからスワイプして、別のアプリを開きます。その後につかんだコンテンツを手放すと、行き先のアプリにドロップされる流れです。コンテンツを長押しすると指にくっついて浮き上がり、ドラッグするとアニメーションや視覚的な手がかりでドロップできるアプリが識別できるというぐあいです。

多くのアプリでは、1本目の指で1つの項目をドラッグし、その間に別の指でアイテムをタップして項目を追加が可能。これらアイテムは一緒に移動し、元々の項目をドラッグしている指の下に重ねて表示され、一括して別のアプリにドロップできるとのことです。

これまでiOSアプリでテキストや画像などを他のアプリで流用しようとすると、「コピーしてからペースト」や画像に保存してから再読込といった手順を踏まざるを得ませんでした。iOS 15が今年秋に一般公開された暁には、Webブラウザからさっとメモを取ったり、画像をすぐに編集アプリで加工するなどがスムーズになりそうです。

 

Source:MacRumors,Apple