Find My
Apple

iOS 15およびiPadOS 15が配信開始されましたが、予告されていた「AirPods ProやAirPods Maxを探す」機能は最初のバージョンでは実装せず「今年秋」に延期されたことが明らかとなりました。

この機能は6月の開発者会議WWDC21にて予告されました。AirPods ProやAirPods Maxが「探す」ネットワークに対応し、AirTagのように地図上に表示したり、近くにあれば音を鳴らせて居場所が分かるほか、置き忘れ警告にも対応するというものです。

数年前からAirPodsは「探す」アプリに対応していたものの、あくまでiPhone等とBluetooth接続できるほど近くにある場合に限られていました。それ以外であれば、iPhoneやiPadなどと接続した最後の位置が確認できるに留まっています。

アップルは詳しいしくみを説明していませんが、iOS 15ベータの解析結果からAirPodsがApple IDに紐付けられ、他人のデバイスに接続しても「探す」を通じて所有者に位置情報を送り続けることが判明しています。ただしAirPodsにはiPhoneのようなアクティベーションロック(紛失した場合に「探す」アプリからロックを掛けられる)がないため、盗まれたり拾われた場合に他人に使われることは防げません。

落とせば見失いやすいAirPods Proには待望(AirPods Maxは見失いそうにないですが)の機能でしたが、iOS 15で利用できる新機能ページ内の「「探す」ネットワークがAirPodsに対応に」にアスタリスク(*)が追加され、それが脚注の「今年の秋に使えるようになります」に繋がっていることが判明したしだいです。

このアスタリスクが以前になかったことは、Wayback Machine(過去ページを閲覧できるツール)により確認されています。ほか、FaceTimeの参加者らが同じ映画やテレビ番組を観られるSharePlayにも同じアスタリスクが付けられており、現行のiOS/iPadOS 15.0では利用できません。これらの機能が使えるようになる、後日のアップデートを待ちたいところです。

Source:Apple

via:9to5Mac