iOS 15
Apple

アップルが、WWDC21で発表したiOS 15およびiPadOS 15のパブリックベータ版を配信開始しました。この秋に正式配信されるに先立って問題を見つけるためのものですが、開発者でなくてもApple Beta Programに登録すれば誰でも試すことができます。

watchOS 8やtvOS 15のパブリックベータも配信が始まっていますが、同じくWWDC21で公開されたmacOS Montereyは未配信。こちらは「近日開始」とされています。


iOS 15はiPhone 6s以降に対応するほか、第7世代iPod touchもサポートされています。すなわちiOS 14に対応していたアップル製品は全てカバーされており、切り捨てられたデバイスはありません。iPadOS 15の対応機種もiPadOS 14と同じで、無印iPadは第5世代以降、mini系はiPad mini 4以降、Air系はiPad Air 2以降で、Pro系は全機種対応となります。

iOS 15(多くの要素はiPadOS 15と共通)では標準のテレビ通話アプリ「FaceTime」が強化され、通話相手と音楽や映画を同時に楽しめる新機能「SharePlay」も追加。

仕事に集中しやすくする「集中モード」や通知を仕分ける「Notification Summary」、撮影した物体にある文字をテキストに変換できる「Live Text」機能や再設計されたSafari、さらにiPadについてはマルチタスク強化など、使いやすさを向上させる様々な機能追加や改良が施されています。

iOS 15発表。iPhone 6s以降対応で今秋配信。標準アプリや通知など機能強化に重点

iOS 15でのFaceTime新機能「SharePlay」発表。通話相手と音楽や映画をシェア

iOS 15に通知まとめ「Notification Summary」機能が追加。あふれる通知を自動仕分け、指定時間に表示

iPadOS 15はマルチタスク強化にフォーカス。ホーム画面やショートカットキーの改善も

Safariブラウザ刷新、Web拡張機能をiPhone / iPadにも提供 iOS 15等で

なおパブリックベータ版は誰もが試用できるとはいえ、製品として完成されたものではありません。アップルも「iOS 15パブリックベータはまだ開発途中であり、一部のアプリケーションやサービスが期待通りには動作しない場合や、データに後方互換性がない場合があります。このソフトウェアをインストールする前に、「iTunes」を使って必ずお使いのiOSデバイスのバックアップを作成してください」と警告しています。

こうした注意を念頭に置きつつ、あくまで自己責任のもとで試されてはいかがでしょう。


Source:Apple