ios15

今年秋にリリースが予想される次期iOS 15(仮)では初代iPhone SE、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusがアップデート対象から外されると噂されていましたが、再びその可能性を示す報告が伝えられています。

今回のウワサの発信源は、フランスの情報サイトiPhoneSoftです。同サイトはiOS 14の配信前に「iOS 13でアップグレードできたデバイスが全てサポートされる」ことを的中させた実績があります。

さてiPhoneSoftの報告によると、「6月公開のiOS 15ベータ版でサポートされる最初のリストは、再びアップル開発者の友人から集めた」とのことです。iOS 14の予測でも「アップルの開発者(主にマップアプリ)から集めた」と述べており、同じ情報筋かもしれません。

話題に上っている過去モデルはすべてA9チップを搭載したもの。最新のiPhone 12に搭載されたSoCはA14 Bionicであり、5世代前となります。iPhone 6sとiPhone 6s Pliusは2015年9月に発売され、初代iPhone SEは2016年3月に発売。どれも非常に(中古市場でも)人気が高い機種であり、4年以上もソフトウェアアップデートの恩恵を受けられたことになります。

またiPhoneSoftは次期iPadOS 15(仮)にも言及しており、iPad mini 4、iPad Air 2、iPad(第5世代)もサポートから外れると述べています。この3つのiPadはそれぞれA8、A8X、A9ということで、iOS 15の基準といわれる「A9以前はサポート打ち切り」に沿っていると思われます。

今回の噂話をまとめると、iOS 15やiPadOSでサポートされるモデルは以下の通りとなります。

iOS 15

  • 2021年発売のiPhoneラインアップ

  • iPhone 12 Pro Max

  • iPhone 12 Pro

  • iPhone 12 mini

  • iPhone 12

  • iPhone 11

  • iPhone 11 Pro

  • iPhone 11 Pro Max

  • iPhone XS

  • iPhone XS Max

  • iPhone XR

  • iPhone X

  • iPhone 8

  • iPhone 8 Plus

  • iPhone 7

  • iPhone 7 Plus

  • iPhone SE (2020)

  • iPod touch (第7世代)

iPadOS 15

  • 2021年発売のiPadラインナップ

  • 12.9インチiPad Pro

  • 9.7、10.5、および11インチのiPad Pro

  • iPad Air 3

  • iPad Air 4

  • iPad 6/7/8

  • iPad mini 5

Source:iPhoneSoft

Via:9to5Mac