Apple
Apple

アップルがWWDC 2021でiOS 15の新機能 Notification Summaryを発表しました。この機能は次々とと飛んでくる通知を状況に応じて仕分け、指定した時間に、優先順位ごとにまとめて表示させる設定が可能になります。

たとえば「おやすみモード」に設定しておけば、相手に自分のステータスを知らせて通知を抑制したり、または「集中モード」にして重要なアプリに関する通知のみを表示させるといったことができます。

集中モードでは個人用、仕事用などのタイプを決め手置くことで、通知を許可する人やアプリを自動的に提案。 仕事用なら仕事用のアプリのみを表示するよう、ホーム画面を設定できます。

またOS側から場所や時刻に応じてフォーカスを提案し、デバイス間で設定を自動的に同期します。

なお、アプリでなく人からの通知はこのまとめ機能をバイパスしてすぐに配信されるため、見逃すことはありません。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表