se

次期iOS 15(仮)は2021年秋にリリースが予想されていますが、そこでは初代iPhone SE、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusがアップデート対象から外されるとの噂が伝えられています。

ウワサの発信源となっているのは、イスラエルのサイトThe Verifierです。同サイトは的中率100%とはいかず、当てたり外したりを繰り返していますが、iOS 13ではiPhone 5sとiPhone 6が対応機種から外されることや、iOS 14ではiOS 13対応デバイスが全てサポートされることを的中させていました。

The VerifierはiOS 14予測のさいも「iPhone 6sと第一世代のiPhone SEは最後のアップデートになる」と述べており、それを再確認したかっこうです。iPhone 6s/6s Plusは2015年9月発売、初代iPhone SEは2016年3月発売であり、アップルが新デバイスのリリース後に約4~5年ソフトウェアアップデートを提供してきた前例から見れば妥当といえそうです。

さて今回の噂話が正しいとすれば、iOS 15でサポートされる既存モデルは以下の通りとなります。

  • iPhone 12 Pro Max

  • iPhone 12 Pro

  • iPhone 12 mini

  • iPhone 12

  • iPhone 11

  • iPhone 11 Pro

  • iPhone 11 Pro Max

  • iPhone XS

  • iPhone XS Max

  • iPhone XR

  • iPhone X

  • iPhone 8

  • iPhone 8 Plus

  • iPhone 7

  • iPhone 7 Plus

  • iPhone SE (2020)

  • iPod touch (第7世代)

ちなみにThe Verifierは「iPhone 7/7 Plusはさらに(iOS 14リリース後)2年間はアップデートがサポートされる」と予測していました。ともあれ初代iPhone SEも第2世代モデルが発売され、また小型フラッグシップとしてiPhone 12 miniも登場したこともあり、その役割を果たし終えたのかもしれません。

Source:The Verifier

Via:MacRumors