OldOS
Zane

iOS 4といえば10年以上前、iPhone 3GSやiPod touch(第3世代)の頃に出たシステムソフトウェアです。この年代物のOSを、18歳の開発者がiPhoneアプリとして丸ごと再現することに成功したと報告しています。

開発したZane氏は最新のiPhoneの中に再現したiOS 4を「OldOS」と呼び、SwiftUIで作ったと明かしています。SwiftUIとはiOSやMac、Apple Watch向けアプリを開発するプログラミング言語「Swift」を利用してユーザーインターフェースを構築する開発環境のことです。

さてZane氏によると、OldOSアプリは「限りなくピクセルパーフェクト(ドット単位で完全再現)に近いデザイン」とのこと。iPhone上にインストールすれば本物さながらの滑らかなアニメーションを体験できるほか、触覚フィードバックにより「懐かしの」ホームボタンの感触まで体験できると述べられています。

またiOS 4にプリインストールされていたアップル純正アプリも存在しており、そちらもほとんどは軽快に動作している模様です。例外的にメッセージアプリとYouTubeには「対処すべき問題」が残っているものの、当時のままのSafariを使ってウェブも閲覧できるそうです。

最新のOldOSアプリはTestFlightサービス(アップル公式のベータテスト)で公開中ですが、記事執筆時点ではすでにテスター数が上限に達していて入手できません。もっともZane氏はソースコードをGitHubで公開しているので、お手元にXcode環境があれば自前でコンパイルして無期限に使うこともできます。

なぜZane氏がiOS 4を選んだのかは不明ですが、それ以前の「iPhone OS」から「iOS」へと名称が大きく変わった節目のバージョンだから、という理由かもしれません。

Source:Zane(Twitter)

via:Wccftech