Billy Steele / Engadget
Billy Steele / Engadget

音楽ストリーミングサービスSpotifyが、歌詞による楽曲検索機能をiOSおよびAndroidアプリに追加しました。記事執筆時点では洋楽の歌詞のみの対応のようですが、日本語iOS版のSpotifyアプリでも歌詞による検索ができることが確認できました。歌詞による楽曲検索はSpotifyのライバルでもあるApple Musicが2018年から導入している機能です。

使い方はかんたんで、検索ボックスに探したい楽曲の歌詞を入力していくことでそれに合致する歌詞を持つ楽曲が検索結果に表示され、アーティスト名の下に「歌詞が一致」のラベルが添えられます。歌詞は出だしの部分である必要はないため、ふと頭に思い出したフレーズを入力すれば、きっと探している楽曲がリストアップされるはずです。

検索結果は曲名での検索結果と混在して表示されるため、上記のラベルに注目すれば、目的の楽曲を素早く見つけられることでしょう。

Spotifyは、はやくからプレイリスト機能を充実させ、ユーザーが好みの音楽に出会える機会をより多く提供したことで、他の音楽ストリーミングサービスに比べて多くのユーザーを獲得してきました。

近年ではポッドキャストに力を入れており、ほかにも動くジャケット画像や、歌詞表示画面左下のマイクのアイコンをタップすることでヴォーカルの音量を下げ、カラオケモードのように歌いやすくする機能などをアプリに追加しています。Spotifyになくほかのサービスにある機能の取り込みも積極的に行っており、今回の歌詞検索機能もその一環と言えそうです。

ちなみに、Apple Musicのほうはすでに日本語歌詞での検索にも対応済み。また楽曲と歌詞表示が同期している楽曲では、歌詞をタップすれば、そのフレーズのところまでジャンプする機能もそなえています。今後も音楽ストリーミングサービスそれぞれが、アイデアを凝らして扱いやすく進化していくことに期待したいところです。

source:Lina(Twitter)