iOS14_7_1

7月26日(米国時間)、アップルがiPhoneとiPad用のシステムソフトウェアを更新しました。それぞれ『iOS 14.7.1』と『iPadOS 14.7.1』となります。既に日本でも、更新は受け取れる状態となっています。

なおデータ容量は、筆者の確認した環境(iPhone XSで、iOS 14.7からの更新)では128.9MBでした。

アップデート手順はいつものように、更新通知が届いていれば通知から可能。届いていない場合は、『設定』アプリの「一般」-「ソフトウェア・アップデート」から確認してのアップデートが可能です。


今回の更新は、慣れている方はバージョン番号からおわかりのように、緊急的修正が主となるもの。そのため、iOS 14.7(米国時間で19日配信)とiPadOS 14.7(同じく21日配信)から時間の空かない更新となりました。とくにiPadOSは一週間も経っていません。

参考記事:iOS 14.7配信開始。MagSafeバッテリーパックに対応、複数のバグ修正(7月20日)

主な更新点は、既に公式サポート文書で不具合報告のあった「Touch ID搭載iPhoneでApple Watchが解除できなくなる不具合」への対処です。

合わせて重要なセキュリティアップデートも含まれているため、アップル側は「すべてのユーザーに推奨」扱いとしています。

参考記事:iOS 14.7適用のTouch ID付きiPhoneに「Apple Watchロック解除不能」問題(7月21日)

▲米国版のセキュリティ更新一覧ページで確認しても、iOSとiPadOS 14.7からほぼ日にちを開けない更新となっています

さて、今回修正された不具合は、Touch ID、つまり指紋認証を搭載するiPhoneやiPadで発生していました。

具体的には、Apple Watchのロックを解除する際、本来ならば可能な「連携させたiPhone側でApple Watchのロックを解除する」手順が不可能になるというもの。

結果としてApple Watchで直接パスコードを入力してのロック解除という、地味に面倒な作業が強制されることになっていました。

上記記事の末尾では「近日中に緊急のマイナーアップデートがやって来るのかもしれません」と結論づけていますが、今回の修正はその通り、非常に早いものとなりました。

要因としてはこのように、遭遇してしまったユーザーにとってはかなり面倒な不具合だったという側面もありそうです。


▲セキュリティ強化に関しても既に修正箇所が公開されています。なお14.7の際、修正されていながらも文書への記載がなかった悪質なWi-Fiスポット周りに関しては、今回も未記載です

なお、もう一つの「セキュリティアップデート」に関しては、カーネル権限となったアプリで任意のコードが実行される可能性があるという、もし突かれたら深刻度の高いタイプの脆弱性です。

さらにアップル側は、問題が積極的に悪用された可能性も認識しているとのこと。こうした点から、今回の更新が「すべてのユーザーに推奨」扱いとなっている模様です。

アップルの公式リリースノートは下記の通りとなります。


iOS 14.7.1では、Touch IDを搭載したiPhoneモデルで “iPhoneでロック解除” 機能を使用してペアリング済みのApple Watchをロック解除できない問題が修正されます。このアップデートには重要なセキュリティアップデートも含まれており、すべてのユーザーに推奨されます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222





Source:アップル公式サポート文書