Air

アップル製タブレットの人気を下支えする(無印)iPadは、わずか数か月前に第8世代モデルが発売されたばかりですが、次世代モデルに関する新たな噂が報じられています。この第9世代は、第3世代iPad Airベースで準備中とのこと。

今回のウワサの発信源は、アップル関連情報の信ぴょう性や迅速さに定評のあるMacお宝鑑定団Blogです。その情報源は中国サプライヤー筋だと述べられています。

具体的には、画面サイズは10.2インチのまま据え置きの一方で、厚さは6.3mmで重さも460gになるとのことです。

現行の第8世代がそれぞれ7.5mmおよび490gであり、かなりの薄型化、かつ軽量化となる模様です。ちなみに第3世代iPad Airは厚さが6.1mm、重量は456g(Wi-Fiモデル)とさらに薄くて軽いため、完全に同じというわけではありません。

仕様に関しては、Touch IDおよびLightningポートは続投し、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、P3ディスプレイ、True Toneディスプレイなども搭載されるとの情報筋の話も伝えられています。これらの仕様も第3世代iPad Airとほぼ同じで、デザイン踏襲説を補強しているかたちです。

またMacお宝鑑定団Blogでは次期iPad Proにも言及。iPad Pro 11インチ(第3世代)とiPad Pro 12.9インチ(第5世代)はディスプレイサイズや筐体は変わらず、Aチップ(SoC)の性能が大幅に向上する可能性があると伝えています。ただし、最近注目を集めている12.9インチモデルのミニLED搭載説に関しては触れられていません。


第9世代iPadに関しては昨年末、中国の技術ニュースサイトcnBetaが画面は画面が10.5インチと広くなり、搭載SoCはA13 Bionicチップ、RAMは4GBで、より薄く軽量なデザイン。そしてTouch ID内蔵ホームボタンとLightningポートは継続採用されると伝えており、こちらも(画面サイズに違いはありますが)第3世代iPad Airのフォームファクタが流用される可能性が窺えました。

またcnBetaは、第9世代iPadは内蔵ストレージが64GB~で価格は299ドル(約3万1000円)~との予想も述べていました。

M1搭載Mac mini等も高性能なわりに抑えた価格が好評の一端となっていますが、今年のアップル製品は財布に優しい路線が期待できるかもしれません。

Source:Macお宝鑑定団Blog