100%生まれ変わったiPad Airは「Proの良いところ」をもれなく搭載している(本田雅一)

A14 Bionicの先に透けて見えそうな次のMacBookとiPad Pro

本田雅一
本田雅一, @rokuzouhonda
2020年09月17日, 午前 07:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter

今年は新型コロナウイルスの世界的流行で様々な予定が変更になっていますが、これまでの間、Appleは大きなスケジュール変更を行わずに済んできました。しかし、いつもなら9月中に発売することでAppleの四半期決算に間に合うはずのiPhoneに開発の遅れが生じたため、あらかじめ「iPhoneは遅れる見込み」と早々にApple自身が認めていたわけです。

iPhone発売初週の数字があるとないとでは、四半期収益に大きな違いが出るため、投資家にはあらかじめ「発売されないよ」とアナウンスしておく必要があったわけです。ということで、iPhoneが発表される目は最初からなかったのですが、一方で期待以上の発表がありました。

それはA14 Bionicチップを搭載したiPad Airの最新モデルが、iPad Proをも上回る魅力を持つバランスの良い製品になっていたことです。

関連記事:

5分でわかる「Apple Event」。第4世代iPad Air & Apple Watch Series 6発表、サブスクまとめ割Apple Oneも

第8世代iPadがA12 Bionic採用ですべてのiPadがNeural Engine搭載へ

今回の発表会は3つの点でiPadについて注目しています。

製品軸で言えばやはりiPad Airが主役。iPad Proと同様の構造を採用したiPad Airは後述するように、iPad Proの11インチモデルが持つ魅力の大多数を搭載し、性能面でも拮抗しています。

一方、無印iPadについてはA12 Bionicの搭載が注目されます。ディスプレイがフルラミネーション構造ではないという違いはあるものの、先代iPad Airと同等パフォーマンスを持つにもかかわらず、ドルベースでの価格は据え置き。Appleは性能が2倍になったと話していますが、実はNeural Engine搭載が注目点です。これにより、教育市場向けの低価格端末を含め、全てのiPadがNeural Engineを搭載し、内蔵カメラの映像分析といった様々な機能をNeural Engineに最適化していくことができます。

例えばiPadOS 14で導入されている手書き文字認識機能の精度や速度、カメラ映像から被写体の動きや形状を認識する機能、様々なメディアデータを分類する性能や精度が向上するでしょう。そうなれば開発者たちは、Neural Engineが搭載されていることを前提にアプリ設計をし始めるはずです。

そして三つ目の注目点。それはApple設計の最新SoCの概要が初めてiPhoneよりも先に見えてきたこと。A14 Bionicはさらりと高性能を訴求しているだけですが、この設計をもとにApple Silicon搭載MacやフルモデルチェンジしたiPad Pro向けの高性能版が作られると予想できます。

A14 Bionicについては、まだAppleがその全てを語っていない可能性が高いと見ています。それでもなお、A14X Bionicなどの名前が予想される高性能版への期待が高まる内容だと言えるでしょう。

iPad Proの持つ魅力をほぼ踏襲したiPad Air

製品軸で見たときの主役となるiPad Airですが、完全な新設計となりiPad Proの良いところが最新技術で再構築されています。iPad Proの11インチモデルと比較すると、細かな仕様の違いを勘案するとしても、256GBモデルで比較すると1万6000円低価格なお買い得モデルです。

iPad Proと同じ第2世代のApple Pencilに対応し、重量は従来モデルとほぼ同じ。Display-P3対応の広色域液晶ディスプレイの解像度もほぼ同じで、ディスプレイサイズが0.1インチ小さいだけ。その分、ベゼルは太くなっていますが、並べなければ気づかない人が多いのではないでしょうか。

厚みこそ0.2ミリ増えているものの、重さは13グラム軽量。このたりはほぼ誤差と言える違いでしかありません。底面積が同じでマグネット位置も揃えられているので、iPad Pro用のMagic KeyboardやSmart Keyboard Folioはそのまま、新しいiPad Airでも利用できます。

AppleはiPad Proと同じカメラを搭載と案内していますが、これはハードウェアレベルの話で、A14 Bionicには最新世代のイメージ処理プロセッサが搭載されているため、映像処理のプロセスは最新世代に引き上げられており、暗所ではより高画質な結果を引き出せます。つまり、カメラ画質は上がっています。

では何がProと違うのか。搭載するプロセッサを除く場合、リフレッシュレート120Hzでの表示に非対応なこと、Apple Pencilのサンプリングを行うTrue MotionがiPad Airには搭載されていないこと、そして最大輝度がProの600nitsに対して500nitsとなること。このためか、ディスプレイのHDR対応は謳われていません。12.9インチモデルに相当するサイズバリエーションも用意がありません。

また、カラーバリエーションが5色になった一方で、搭載ストレージは64GB版と256GB版の2モデルしかありませんし、LiDARセンサーや超広角カメラも搭載していません。

しかし、言い換えればその程度しか違いがないのですから、11インチのProを狙っていたひとはiPad Airがとても魅力的に見えると思います。

ひとつだけ残念なことは、Magic Keyboardの価格が据置だったことでしょうか。対応する製品が多くなり、より幅広いユーザー層が使うようになるのですから、iPad Proと共用となるキーボードアクセサリの価格改定が同時にあるとベストだったのですが。

想像以上に高性能になりそうなA14 Bionicのその先

ということでiPad AirはiPadOSの高機能化もあり、MacBook Airを検討していたユーザー層も含めて唯一無二の価値が感じられる製品です。個人的にはiPadを選ぶなら画面サイズが大きな12.9インチモデルがいいと思いますが、持ち運び重視なら文句なしにiPad Airを選ぶでしょう。

一方、僕自信が知的好奇心を煽られたのはA14 Bionicです。iPhone 12(?)に搭載されると目されるこのチップは、AppleによるとCPUコアの構成は同じ6コア(高性能コア2、高効率コア4)ながら、iPad Airの前モデルが搭載していたA12 Bionicよりも40%高速化されているとのこと。

A12の高性能コアはA13の高性能コア「Lightning」になった時に20%高性能化され、コアあたりの性能が一般的な同世代のARMに比べても2倍ぐらいの性能がありました。今回、動作クロック周波数などの情報を現時点では持っていませんが(クロック周波数が上がっている可能性が高そうですね)、A12に対してCPU性能がトータル40%も速くなるのは驚きです。

熱設計の問題もあるため、性能は実機での評価が原則になりますが、CPU性能だけでいえば高性能コアが4個並ぶiPad Pro(ただしA12世代)と甲乙付け難い数字が期待できるでしょう。

コア数がものを言うGPU性能に関しては(設計そのものも異なる可能性があるものの)8コアのA12Zに対しA14 Bionicは4コア。コアあたりの性能は30%程度向上しているため、絶対性能では譲るものの十分なGPU性能を発揮するはずです。

また機械学習処理を高速化するため行列乗算を加速させるMLアクセラレータも搭載しており、パフォーマンスが10倍になっているとか。Neural Engineに関しても毎秒11兆回の演算性能(A12 Bionicは5兆回、A13 Bionicは6兆回)と飛躍しています。

こうしたA14 Bionicを構成する要素を、iPad ProあるいはApple Silicon搭載Mac向けに再構築すると、どんなものになるでしょうか?

例えば高性能コアを4個、GPUを8コアにするだけで魅力的な性能を引き出せるでしょう。まだ当面先でしょうが、デスクトップ向けに設計したならば……などと考えたらなかなかワクワクしませんか?


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, apple event, ipad air, ipad air 2020, ipadair2020, ipad, Apple Pencil, tablet, mobile, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents