先月発表されながらも出荷されていなかった第4世代iPad Air(以下iPad Air)がいよいよ市場に投入される。今回のiPad Airは、iPad Proに極めて近い体験が得られる製品だ。10月23日の発売を目前に先行レビューをお届けしよう。

iPad Airは、11インチのiPad Proよりわずかながら画面サイズが小さい10.9インチ、LiDARスキャナも搭載されず、カメラは超広角を搭載しない広角だけのシングル構成。また、後述するように搭載されるメインメモリ容量も4GBと、iPad Proの6GBよりも少ない。

しかし画面サイズの違いは並べて比べなければわからない程度の差で、iPad Pro同様に第二世代Apple Pencilが利用でき、11インチのiPad Pro用周辺機器がそのまま活用できる。カラフルなiPad Airに、無粋なダークグレーのMagic Keyboardは(レンズ周りのベゼルが合わないことも併せ)やや不似合いな気がしなくもないが、Smart Keyboard Folioも含めて互換性があることは好ましいことだ。

要するに何が言いたいかといえば、これで大幅に価格が安いのであれば、iPad Proを無理に選ぶ必要がないということ。体験の質としては、LiDAR搭載の有無と超広角カメラを除けば、決定的な違いはない。

もちろんFace IDとTouch IDの違いはある。自宅などで使う際にはFace IDの方が圧倒的に便利だが、(今の世界情勢を考慮すれば)公共の場で使う際にはTouch IDの方が便利だ。どちらが良いと思うかは利用する場面によって違うが、今後、外出の機会が以前と同じように増えていくならば、iPad Airの方が便利と言えるかもしれない。

ならば、あとはプロセッサ速度などコンピュータとしての能力の違いが、iPad AirとiPad Proのどちらを選ぶかのポイントということになる。

関連記事:

第4世代iPad Air発表。A14 BionicチップやUSB-C搭載、Touch IDは上部ボタンに引っ越し

iPad Proを超えていたiPad Airのベンチマークスコア

あくまでベンチマークスコアであるため、実際のアプリケーションでどうなる? というのは別の話だが、発表当初よりiPad Airが搭載するA14 Bionicには「もしかするとiPad Proと同等かそれ以上の実力では」という疑いが向けられていた。

性能が良いのだから"疑い"はひどい表現だが、取材の中でiPad ProにはiPad Proの役割があり、CPUの世代がかわっても高性能コア4個、GPUが8個というA12Z Bionicの物量には到底敵わないという予測もあり、Appleもそうしたスタンスを崩していなかったので、すっかりAirのA14 Bionicを侮っていたのだ。

ところが実際にiPad Airのベンチマークをとってみると、そこに出てきたのは同クラスの消費電力に抑えられたインテルプロセッサでは、到底追いつきそうにないパフォーマンスだった。

iPad Air(Geekbench 5)
iPad Pro(Geekbench 5)
ipad air
Engadget Japan

Geekbench 5のシングルコアスコアは1597で、これは第11世代Intel Core i7-1165G7、すなわちTiger LakeのCore i7と同等のスコアだ。A14 Bionicは高性能コア×2、高効率コア×4の構成であるため、マルチコアスコアでは4コアのTiger Lakeよりも落ちるが、それでもA14 Bionicの4300に対してTager Lakeが5400。コア数ほどの差はない(おそらく熱対策のためだろう)。そして、この値はiPad Proが搭載するA12Z Bionic(高性能コアを4基搭載)の4650と前後というマルチコアのスコアに迫る。

一方でiPad Airが搭載するSoCは、小さなスマートフォン向けに開発されたものだ。同SoCを搭載するiPhone 12|12 Proで計測した場合のマルチコアスコアは3950で、iPad Air搭載時よりもかなり低いものになる。ここから導き出されるのは、iPhoneよりも発熱をあまり気にしなくていいiPad Airでは、多くのコアが同時に動作する環境下ではより高いパフォーマンスを示すということだ。

iPad Air(Geekbench 5)
iPad Pro(Geekbench 5)

これはGPUの計算能力を示すComputeの値で見るとさらに顕著で、iPad Airは1万2232という値を叩き出した。iPhone 12 Proの9357に比べると3割ほどの向上で、こちらも熱バジェットの余裕がもたらしていると考えられる。これはiPad Proが搭載する8コアGPU内蔵のA12Z Bionicの約1万2000よりも良いスコアである(以前は9400程度だったが、iPadOSのアップデート後、MetalのComputeスコアが上がった)。

ただし、これはあくまでも単純なベンチマークの値であることに注意してほしい。アプリの中で、CPUやGPUがどのように使われるかは、そのアプリの実装次第だからだ。

より実アプリに近いベンチマークではProに軍配が上がる

こうした結果はAppleがかねてより主張してきたものとは若干異なる。

iPad Proはプロ向けのパフォーマンスを備えるモデルとして、今でもモバイルコンピュータとしてトップクラスの処理性能を有しており、Airよりも上位という位置付けだったからだ。

iPad Air(AnTuTu Benchmark)
iPad Pro(AnTuTu Benchmark)

それならばもう少し実アプリに近い処理ということで、AnTuTu Benchmarkを動かしてみたが、こちらの値ではもともと想定されていたような結果が出ている。すなわち、必ずしもiPad AirがiPad Proを超えているわけではなさそうだ。

CPUのスコアはわずかながらiPad Proが上回る程度でほぼ同等。コアの高性能化やクロック周波数の違い(2.5GHz対3GHz)を考えれば妥当な数字である。

一方でGPU性能は3コアのiPad Airに対してiPad Proは8コア。高性能化されたコアを高速で動かしているとはいえ、GPU処理は物量がものを言う。スコアはProの方が1.5倍を示しており、3Dグラフィクスのパフォーマンスは確実にProの方が良さそうだ。

この結果、実はメモリ帯域のスコアとも連動している。Proが搭載するA12Z Bionicは、CPU、GPUのコア数を増やすためにメモリの接続帯域が拡張されており、マルチコアでの動作がスムースになるよう設計されている。2世代前のCPUではあるが、25%近くメモリ帯域が広いと計測されるのだが、これが3Dグラフィックスに良い結果を与えているのかもしれない。

いずれにしろ、Geekbench 5のスコア結果のみでiPad AirとiPad Proの実力差を決めつけてはならない。

LightroomおよびPremiere Rushではどうか?

続いてはAdobeのLightroomおよびPremiere Rushでのテストだ。

LightroomではリコーGR IIIのRAWファイルを20枚現像するテストを行った。結果はiPad Airが33秒に対してiPad Proが34.5秒。ほぼ同じながらiPad AirがiPad Proを凌いでいる。LightroomのRAW現像は、ほとんどがCPUによる処理だと思われるため拮抗するとは予想していたが、iPad Airの方が早かったのはやや意外かもしれない。とはいえ、これは"差がない"と評価すべきだろう。

次にPremiere Rushのテストだが、こちらはGPUの寄与度合いが高いテストだ。以前に13インチクラスのMacBook Air、MacBook Proなどと比較したことがあったが、最新のMacBook Proと比べてもiPad Proが高速な結果を見せる、いわばiPadの得意分野だ。

あるフルHDの動画編集プロジェクトをPremiere Rushで書き出したところ、iPad Proが24分26秒で終了したのに対し、iPad Airは30分12秒。AnTuTu Benchmarkのスコアほどではないにしろ、やはりiPad Proの方がメディア処理に関してはパワフルと言える。

ちなみに同じプロジェクトをMacBook Proの上位モデルで書き出した場合、35分11秒、MacBook Air(Ice Lake搭載モデル)は57分4秒もかかった。

Premiere Rushという限られたアプリでの快適性とはいえ、MacBook Proを上回る速度なのだから十分に高性能。少なくとも"タブレット"というジャンルでいうならば、トップランナーの一つと数えられる。

熱的な余裕がもたらすA14 Bionicの実力

さて、今回明らかになったのは、A14 BionicのCPU、GPUのパフォーマンスが相当に高いということだ。

iPhone 12|12 Proのテストから、Neural EngineやMLアクセラレータ、ISPなどが強化されていることは体感できていた。スマートフォン用に設計されたSoCでありながら、軽くIce Lake搭載MacBookを超える実力を見せ、単純なスコアではあるもののTiger Lake並みの瞬発力もありそうだ。スマートフォンの筐体から解き放たれ、iPad Airに載せられたことでSoC本来の能力を発揮できているのだろう。

このあたりはA13 Bionicで導入された新しい省電力制御設計(機能ブロックごとの電源制御だけではなく、実際に使っている回路のみをオン/オフする設計が導入された)がA14 Bionicでも活かされていると推測できる。

今後、仮にA14X Bionic(高性能CPU4コア、GPU8コア?)が登場するのであれば、その性能は相当に高いものになると予想できそうだ。


関連記事:

iPad Air 第4世代 実機 動画+写真レビュー パフォーマンスはPro以上、iPhone 12以上

新型iPad Air実機レビュー、万人受けする仕様でiPadの新スタンダードに(石野純也)

iPad Air (2020)は憎らしいほど「買い」だがiPad選びを難しくした(西田宗千佳)