docking
USPTO/Apple

アップルがiPhoneとiPad、またはiPad2台を繋げてノートPCのように使える周辺機器を検討していると思しき特許を取得したことが明らかとなりました。

米特許商標庁(USPTO)が28日に認可した「モジュラーマルチディスプレイ電子機器」(出願日は2017年9月8日)なる特許では、iPhoneとiPadまたはiPad同士らしき機器をアクセサリーを介して接続すると、1台がディスプレイとして、もう1台がダイナミックキーボードとして使えると説明されています。

接続アクセサリーは2つの小さいコネクタおよび蝶番から構成され、iPhoneやiPadは両端に接続されます。このコネクターは物理的に繋ぐだけでなく、デバイス間のデータ転送も容易にし、1つのシステムとして一元的に機能できるようにするわけです。

docking

特許文書に含まれる画像では、主に一方のデバイスを平らな面に置き、その背面にヒンジ付きコネクター(上記アクセサリー)を接続し、もう1つのデバイスを縦向きないし横向きにして保持するノートPCスタイルの運用が想定されています。2つの機器は必ずしも同じサイズでなくてもよく「iPadをキーボードとして平面に置き、iPhoneをメイン画面として使う」のも可能で、重心が安定したスタイルで使えるもようです。

docking

また同じサイズの2つのデバイスを長い辺に沿って接続した場合は、見開きの書籍のようにも使えることが示唆されています。このスタイルは、マイクロソフトの折りたたみスマートフォン「Surface Duo」を彷彿とさせます。

アップルは2つの電子デバイスの画面を繋げて1つのビデオウォールにする特許を出願しており、また「2枚のディスプレイをヒンジでつなぎ合わせ折りたたみたiPhone」の噂もありました。同社は定期的に多数の特許を出願していますが、そのうち実現に至るものはごく一部。そのため製品化されるとは限らないものの、少なくとも社内の研究開発についての手がかりは得られると言えます。

iPadを2台持ちしてノートPCのような使い方をするぐらいなら初めから外付けキーボードを買う、いやMacBookシリーズを買うとの声も多そうです。が、一方ではiPhoneとiPadの同時持ち歩きする人はそう珍しくないため、「iPadをiPhone用の簡易キーボードにする」用途であれば歓迎されるのかもしれません。

Source:USPTO

Via:AppleInsider