iPad
Apple

アップルは9月15日午前2時〜のイベントにて、第9世代iPadを発表しました。iPadシリーズの中でも最も廉価なラインナップに、より強力な性能が備わったものとなっています。

第8世代iPadと比べて画面周りのベゼルはより薄くなり、内蔵プロセッサはA12 Bionicに替えてA13 Bionicを搭載。アップルいわく、先代よりも処理速度が20%速く、Chromebookの最も売れているモデルよりも最大3倍速くなったとのことです。

背面カメラは、低照度とオートフォーカスの性能が向上。かたや前面カメラは解像度12MPかつ超広角レンズとなり、これまで高価なモデルのプレミアム機能だったセンターフレーム(被写体が動き回ったり、複数の人が出入りした場合も適切にフレーム内に捉える機能)が格安モデルにもたらされました。

iPad
Apple

またディスプレイについても、エントリーモデルでは初めてTrue Tone(センサーを用いてディスプレイの色と明度を周囲の光に自動的に適応させる技術)が搭載されています。

第9世代iPadは、2つの内蔵ストレージオプションが用意されており、下限容量は前モデル(32GB)の2倍である64GBからとなっています。本体色はカラーはシルバーとスペースグレイの2つで、ゴールドは廃止されました。

価格は3万9800円(税込)〜で、本日より予約受付を開始。発売は9月24日です。

関連記事:

5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表

Apple (Amazonストアページ)