Appleが9月14日(現地時間)に開催したスペシャルイベントで登場した新製品の数々。皆さんの注目はどれでしょうか?

今回発表されたのは、

  • iPhone 13

  • iPhone 13 mini

  • iPhone 13 Pro

  • iPhone 13 Pro Max

  • iPad

  • iPad mini

  • Apple Watch Series 7

以上の製品が登場しました。

AirPodsは? Macは?と期待していた製品に言及がなく、もどかしさを感じる人がいたかもしれません。筆者はAirPods(第2世代)の電池がへたってきて、そろそろ新調したいところだったので、新しいAirPodsが出てこなくて少しがっかりしているところです。

しかし2020年は、9月、10月、11月と3か月連続でイベントを開催したApple。昨年を踏襲するならあと2回、一昨年以前のパターンに戻るのであればあと1回、2021年中にイベントが行われると考えられるわけで、AirPodsに関してはそこで登場してくれることを期待しています。

さて、今回登場したiPhoneとiPad、そしてApple Watch。中でも特に期待していたのがiPad miniでした。

確かに筆者はiPad Proのみを持ち歩いて出かける日が多いぐらい、iPadを仕事に取り入れています。Magic Keyboardのおかげでタイピング環境は確保されていますし、5Gでの通信ができるためホットスポット探しやiPhoneからのテザリングを考える必要もありません。

その一方で、M1搭載のMacBook Proはバッテリー持続時間が驚異的で、ビデオ編集の機会もより増えてきたことから、iPadより制限が少ないMacの出撃回数も増えました。

さすがに同じような重さのMacとiPad(キーボード付き)を持ち歩くのは非効率だと感じるようになってきたとき、ふと気づいたのです。

「個人的にはiPad ProをMacと同等に見ており、タブレットという認識が薄れてしまったのではないか」ということに。

iPad miniとiPadOS 15とタブレット

そこで登場した今回のiPad mini(第6世代)です。長らく刷新されなかった小さなサイズのiPadは、8.3インチにぐっと大きくなったディスプレイを備え、第2世代のApple Pencilが側面に張り付いて充電できる、フラットなデザインに刷新されました。簡単に言えば、iPad Airの小型版、という位置づけです。

しかし、2021年のiPad Proで初めて搭載された最新機能だったはずのインカメラによる被写体自動追尾機能「センターステージ」を採用していたり、iPhone 13と同じ最新のA15 Bionicチップを備えていたり、5Gをサポートしていたり……。

ちょっと前のAppleなら製品ラインアップの整合性を意識して「技術の出し惜しみ」があったのですが、それが今回は全くなかった点で、「今回のモデルは買っても安心!」というシグナルを広範囲で受信した方が多かったのではないでしょうか。

そんなiPad miniに搭載され、6月のWWDCで披露されたiPadOS 15は、9月21日に配信されることが明らかになりました。今回の新OSの目玉機能は、日本語をサポートした手書き認識機能「スクリブル」と、Apple Pencilで画面右下からペンを走らせるとどこでもすぐにメモが取れる「クイックメモ」の2つ。これらの機能は、Apple Pencilを使う動機を高めて余りあるほどに、タブレットらしさを追求するアップデートと言えます。

そこで、昨今キーボードとトラックパッドでiPad Proを操っている筆者としては、iPadOS 15を最大限に生かせるのは、PC的な使い方をしているiPad Proではないな、と感じたのでした。

片手で軽々と握れて、反対の手で立っていてもしっかりメモが取れる、そんな体験ができる端末こそ、iPadOS 15の「タブレット性」を最大限に引き出す存在だ、と考えたのです。

それ以来、iPad miniのアップデートを心待ちにしていました。たとえ新モデルが出なかったとしても、iPadOS 15に最もふさわしいピュアなiPadは、iPad miniだと思っていたからです。

2021年の端末戦略

MacなりiPad Proなりを持ち歩くこととは別にして、iPad miniを日々持ち歩く生活を想像してみると、iPhone選びにも影響が出てきます。

筆者は電子書籍や映像、ゲームなど1台でこなすべく、iPhone 6が登場した2014年から、最大サイズのiPhoneを選ぶようになりました。

過去5.5インチ(Plusシリーズ)→5.8インチ(X)→6.5インチ(XS Max/11 Pro Max)→ 6.7インチ(12 Pro Max)という変遷で画面サイズを拡大させており、特に2020年モデルのiPhone 12 Pro Maxは、カメラ性能が特別であったこともあって即断できました。

しかし、もし8.3インチのiPad miniを常に手元に持つ場合、どのサイズのiPhoneを組み合わせるのがベストなのか? 2021年のiPhone選びは判断が変わってくるのではないか、と考えたのです。

確かにiPhoneとiPadでは用途が異なりますが、電子書籍や雑誌など文字を読んだり、手書きメモを描いたり、Lightroomなどで画像編集したり、こういった作業がより大きなサイズのiPad miniに移るのであれば、電話やチャットなどのコミュニケーション、カメラ撮影などは、6.1インチにサイズダウンしても良いのではないか? と思ったわけです。

幸いなことに、今回のiPhone 13 Proシリーズでは、6.1インチと6.7インチでカメラ性能に差がなくなりました。簡単に言えば、6.1インチモデルの大幅な進化ということなのですが、これによって、6.1インチのiPhone 13 Proを選んだとしても、カメラで遅れを取ることはありません。

そう考えると、iPhone 13 ProとiPad miniの組み合わせがベストなのではないか? というところに行き着いたのでした。

通信とバッテリーの兼ね合い

もう少し考えを進めます。iPad mini自身はWi-Fi + Cellularモデルで5Gに対応し、単体で高速通信が可能です。しかし端末そのもの費用や通信費を抑える点で、iPad miniのWi-Fiモデルの選択もあり得ます。

そうなると自動的に、iPhoneからテザリングしてiPad miniをネットにつなぐことになり、iPhone側のバッテリー持続時間を気にしなければなりません。

iPhone 13 Pro Maxは昨年よりもさらに2.5時間持続時間が延びたバッテリーキングとも言える端末。テザリングをするなら、iPhone 13 Proより安心な選択肢と言えます。しかし大きな画面同士の選択が果たして正解なのか、そこが悩ましいのです。

もしiPad miniでセルラーモデルを選択し、こちらにも通信の契約を用意すると、iPhoneからのテザリングをしなくて済むため、iPhone側のバッテリーを気する必要はありません。例えばドコモのギガホ系のプランであれば、1100円(税込)をプラスすることで5Gデータプラスでデータ容量をシェア(無制限の場合は30GBまで)できます。

となると、共に5G通信が可能なiPhone 13 ProとiPad miniの組み合わせが、筆者にとっての2021年ベストな組み合わせになるのではないか。現時点ではそう考えています。実機に触れてもなお、その仮説が正しいのか、続報をお待ちください。

関連記事:

5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表

undefined at Amazon