iPhone 12と一緒に買いたい急速充電対応電源アダプターまとめ

付属されないから…

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年10月16日, 午後 07:10 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

10月13日に発表されたiPhone 12シリーズは充電が大きなトピックスとなりました。

まずは、新たなアクセサリー規格「MagSafe for iPhone」。iPhone 12シリーズ内に配置されたマグネットにより実現したもので、適切な位置にiPhoneがセットされるのでワイヤレス充電の速度が早まります。MagSafeに関連したケース等が展開予定です。

関連記事:iPhone 12シリーズ向けに「MagSafe」復活。Apple Watchも充電できるデュアル充電パッドも発表

充電でのもう一つトピックスは「電源アダプタ」と「EarPods」が付属されないこと。また付属するケーブルは急速充電に対応したUSB-C to Lightningケーブルとなります。

これまでUSB-A to Lightningを利用していたユーザーにとっては、急速充電の恩恵を得るためにUSB-Cの電源アダプターを用意する必要があります。

iPhone 12の4製品はどれも急速充電にも対応しており20W以上アダプタであれば約30分で最大50%充電が可能です。よって本記事では急速充電が可能になる出力20W以上の電源アダプターをご紹介します。

PowerPort III Nano 20W

Engadget

Ankerの充電アダプター「PowerPort III Nano 20W」は軽さ30gで500円玉とほぼ変わらないサイズを実現しつつ、最大20Wの出力が可能です。また、Anker独自技術の PowerIQ 3.0(Gen2)を搭載しており、USB PDとの互換性がありながら、Qualcomm Quick Charge等の充電規格にも対応しているのでiPhoneに限らず様々なスマホやガジェットへの急速充電が可能です。価格は1780円(税込み以下同)で、10月20日発売予定です。

関連リンク:PowerPort III Nano 20W

OWL-APD48C1A1G

Engadget

オウルテックの充電アダプター。USB-CとUSB-Aを1ポートづつ備えています。USB-CポートはUSB Power Deliveryに対応しており単体で使用した場合、最大30Wの出力で充電できます。USB-AはQuick Charge 3.0に対応しており対応端末であれば急速充電が可能です。サイズは約36.5×54×42mmで、重さは約106g。iPhone以外にもガジェットを持ち歩く人にとっては2口ポートは重宝しそうですね。価格は5480円です。

関連リンク:OWL-APD48C1A1G

Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)

Engadget

何かと外出を避けがちでステイホームな時間が多いので充電アダプターに小型さはそこまで求めていない方にはコチラもおすすめです。4つのポートを搭載しており、PD対応のUSB-Cポートから最大45W、3つのUSB-Aポートを合わせて最大20Wの合計最大65Wの出力が可能です。ガジェットの充電をまとめて実行できます。愛用している筆者としてのポイントは、薄さが約1.8cmなところ、デスクに這わせてもスペースを取らないので重宝します。価格は4299円です。

関連リンク:Anker PowerPort Atom III Slim (Four Ports)

AUKEY Omnia USB充電器 オム二アデュオ アダプタ GaN充電器

Engadget

USB-Cポートを2つ備えており、それぞれ45W、18Wで出力可能です。単ポートの場合は最大65Wでの出力も可能なのでスマホに限らずノートPCなどの充電もできるでしょう。このパワフルさで、サイズは52x52x30mm、重さは103.5gの小型軽量を実現しています。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone, Lightning, anker, news, gear
0シェア
FacebookTwitter