オウルテックのiPhone 12シリーズ用ケースやケーブルを実際に触ってみた

肝心のiPhone 12本体がまだだけど

いーじま(Norihisa Iijima)
いーじま(Norihisa Iijima)
2020年10月14日, 午後 05:40 in iphone12
0シェア
FacebookTwitter
Owltech

オウルテックが、14日未明に発表されたiPhone 12シリーズ用のケースや充電器、ケーブルを発売しました。発表に関する速報記事、またiPhone 12に関しての情報は関連記事を参照してください。

 

関連記事:

鉄球が落ちても割れないとうたうiPhone保護ガラス、オウルテックが発表

5分でわかる「iPhone 12」まとめ。mini、Pro、Max、無印の4モデルが登場、全機種5G対応

今回、発表された商品の一部サンプルが届きましたので、ご紹介いたします。

 

落下防止リング付き耐衝撃ハイブリッドケース

Owltech

この商品は耐衝撃×落下防止リングの組み合わせ。ケースにリングが固定されているケースが多いなか、この商品は後付けタイプなので、自分が使いやすい場所に貼り付けられます。今回のiPhone 12はMagSafeが背面に組み込まれたので、その部分を避けた位置に付けられるというメリットもあります。

Owltech

 

カラーは、ブラックとクリア、ネイビー、レッドの4色。素材はポリカーボネートとTPUの組み合わせ。コネクター部分は、広めに穴が空いているので、どんなケーブルにも対応できます。価格は、iPhone 12/12 Pro/12 miniいずれも3380円(税込み・以下同じ)です。

  • iPhone 12 mini (5.4インチ) 用 落下防止リング付き 耐衝撃ハイブリッド ケース(OWL-CVIC5407)

  • iPhone 12 mini (5.4インチ) 用 落下防止リング付き 耐衝撃ハイブリッド ケース(OWL-CVIC5407)

今回、12 mini用のサンプルが届いたのですが、背面の透明な部分はポリカーボネート。サイドは柔らかいTPUを使っていて、装着はしやすそうです。四隅は分厚くなっていて、角から落としても衝撃を軽減。ボタン部分はTPUの柔らかさを生かしてフルカバーされています。ポリカーボネートの部分は指紋が付きやすいので気になる人はいるかもしれません。

Owltech

Lightningコネクター部分は広めになっていて、ケーブルのコネクターとの干渉しないようになっています。後付けリングは、3Mの両面テープを採用しておりしっかりと固定できそうです。

Owltech

ちなみに、まだ本体がない状態で12 mini用のケースを持ちましたが、筆者としてはやはりこのサイズの握り心地は一番しっくりきますね。今回の製品群でも価格が安いこともあり、一番売れるかもしれません。

貼りミスゼロ かんたん3ステップ貼り付けキット付き 耐衝撃 トリプルストロング 全面保護 強化ガラス

Owltech

64gの鉄球を3mの高さか落下させても割れないという、耐衝撃性能の高いガラスを採用した商品。発表会では天井高の関係で1.4mからの落下テストを実施していましたが、鉄球は弾んでも割れませんでした。

また、貼り付けがカンタンなのもこの製品の特徴です。3ステップで貼り付けられる貼り付けられるキットが付いているので、位置合わせがラクにでき、失敗せずカンタンに貼れます。

Owltech
ガラスが取り付けキットと一体になっている。

光沢のほか、マット、光沢ブルーライトカット、マットブルーライトカットの4タイプを用意。価格は光沢が2680円、マットと光沢ブルーライトカットが2880円、マットブルーライトカットが2980円になります。

  • OWL-GUIC61F-CL:ツヤのある透過性の高い光沢ガラスで、iPhoneの液晶画面の美しさを損ないません

  • OWL-GUIC61F-AG:光沢タイプの約6倍さらさらな表面で、照明や太陽光の映り込みを軽減し明るい場所でも画面が見やすくなります。

  • OWL-GUIC61F-BC:網膜の機能低下などに影響されるブルーライトを色調を崩さず41%低減して、目を疲れにくくします。

  • OWL-GUIC61F-AB:ブルーライトを41%カットして更に表面の反射を抑え、指さわりも滑らかなマット+ブルーライトカットタイプです。

こちらもサンプルが届いたのでチェックしてみました。iPhone 12本体がないので、実際に装着はできませんでしたが、商品のガラス自体が取り付けキットに組み込まれた状態で梱包されていて、iPhoneの画面を付属のクリーナーやほこり除去シールできれいにしたあと、iPhoneの画面と密着される裏面の剥離板を剥がしiPhoneに嵌めれば位置が確定されます。あとは、表面側の剥離紙をこするようにして密着して空気を抜き、剥がしてから取り付けキットを外せば作業終了です。

Owltech
剥離板を剥がしてiPhoneへ装着するだけで、ピッタリの位置に。

多少の気泡が残っていても、エアレス加工により1日ぐらい経てば目立たなくなるとのこと。もしホコリが入っていたら、その部分を少し浮かしてほこり除去シールでペタペタと取り除いてもとに戻せば大丈夫でしょう。

筆者もこれまで取り付けキット付きの商品を利用したことがありましたが、ガラスをあとから取り付けキットにはめ込むため、微妙にズレて貼れるケースもありました。この商品はガラスと取り付けキットが一体型なので、その心配もなさそうです。

 

超タフストロングケーブル USB Type-A to Lightning 屈曲試験25万回合格

Owltech

従来製品の5倍にあたる25万回屈曲試験に合格した屈強なケーブルです。90度に左右曲げる試験を行っても断線することはないことで、多少乱暴に扱っても壊れることはなさそうです。

スパイラル構造と新型強化メッシュの採用で耐久性をアップ。加えてアラミド繊維を採用しており、引っ張りや引き裂きにも強くなっています。またコネクターの首の部分も構造を強化しているので、折れづらくなっているとのこと。3年保証なので、万が一断線や破損しても安心です。

Owltech

実際のサンプルを触ってみましたが、タフでありながらケーブルは非常に柔いので、持ち運び時にケーブルをまとめやすくなっています。ケーブルバンドを同梱しているのはありがたいところです。

Owltech
コンパクトに丸められてケーブルバンドつきだから持ち運びにも便利。

カラバリはブラックとホワイト、ブラック&レッドの3種。長さは50cm、1m、1.5m、2m、3mの5タイプ用意されています。価格は2480円から。

 iPhone 12関連の商品が続々と発表されていますが、こうした商品を触っているだけでも、早くiPhone 12を手に入れたいと気分も高まります。さて、どのiPhone 12シリーズを買おうかな。

 


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone12, reviews, owltech, accessories, iphone, Cases, news, gear
0シェア
FacebookTwitter