iPhone 12 mini発表。5.7インチディスプレイ搭載のラインナップ最小モデル

性能は12無印とほぼ同じ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年10月14日, 午前 03:20 in iPhone 12 mini
0シェア
FacebookTwitter
Apple
Apple

アップルがiPhone 12 miniを発表しました。5.4インチディスプレイを搭載し、iPhone 12シリーズ最小モデル、アップルは発表では「世界最小の5Gスマートフォン」と紹介しました。

サイズは4.7インチディスプレイを採用するiPhone SEよりもひとまわり小さく、A14 Bionic SoCをはじめとしてiPhone 12とほぼ同じ仕様を採用します。

Apple
Apple

背面カメラもiPhone 12と同じデュアル構成。f /1.6絞り値の広角と、超広角レンズを搭載します。ナイトモード撮影やDeep Fusion、Smart HDR 3といった機能をサポートし、非常に美しい写真が撮影可能。アップル曰く、iPhone 11のカメラに比べ暗所撮影で27%の性能向上しているとのこと。

ディスプレイはセラミックシールド技術を採用してiPhone 11よりも強度を4倍増強。IP68の防水防塵性能は水深6mで最大30分間の耐水性を備えます。

同梱品からはUSB電源アダプターは削除されUSB-C-Lightningケーブルだけが同梱されます。本体背面には非接触充電機能内蔵。磁石で非接触充電器をベストポジションに接触させる、その名も”MagSafe”です。

カラーラインナップはホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、PRODUCT(RED)。iPhone 12 minは、iPhone 4 /4S のデザインが一番気に入っていたというユーザーには強くアピールする最新のiPhoneと言えそうです。

iPhone 12 miniの税別価格は64GBが7万4800円、128GBが7万9800円、256GBが9万800円で、11月6日に予約受付を開始します。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iPhone 12 mini, 5g, smartphones, AppleEvent202010, Apple, iOS 14, iphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents