ここ最近、家庭向けデジタルビデオカメラの新製品がなかなか出なくなったと聞く。確かに、我が家も4年前に子供が生まれたが、デジタルビデオカメラの購入は一度たりとも検討したことがなかった。なぜなら、手元には最新のスマホが何台も存在しており、子供の姿をスマホの最先端技術で撮影できる環境が整っているからだ。

多くの人が子供の日々の様子をスマホで撮るという人がほとんどではないだろうか。確かに運動会など、ズームが必要な場面ではビデオカメラがあった方がいいかもしれないが、最近のデジカメであれば動画も結構、撮れてしまう。スマホと本格デジカメの間(はざま)で、ビデオカメラの存在価値が下がってしまっているとすると何だか寂しい気持ちもある。

そんなことを改めて考えさせられたのは、実はiPhone 12とiPhone 12 Proで、動画を撮影した感動が強すぎたからだ。

今回、iPhone 12とiPhone 12 ProではDolby Vision対応HDRビデオ撮影に対応した。実際に夜間の羽田空港や東京タワー、さらに子供の様子を撮影してみたが、あまりに綺麗すぎて驚いてしまった。

とにかく明るいところはさらに明るく、暗いところはさらに濃くなる。全体的にパキッと目が覚めたような表現となっており、中心にいる人物が立体的に見えてくる感じがするのだ。

色合いも鮮やかとなり「こんな映像がスマホで撮影できるの?」とちょっとした衝撃を覚えてしまうのだ。

残念ながら、Dolby Vision対応HDRビデオで撮影した動画を手軽に共有する方法があまりなく、この感動をなかなかお伝えできないのだが、iPhone 12並びにiPhone 12 Proが発売された際には是非ともまずは動画撮影を楽しんでもらいたい。

もちろん、静止画の撮影も進化している。特に夜間のポートレート撮影は、人物を際立てつつ、背景の雰囲気もしっかりと撮影できてとても楽しい。

実際、もうすぐ4歳になる息子に「ナイトモードポートレートで撮影するから2秒、じっとしていて」とお願いしても、言うことは聞かないので、なかなか子供で試すことはできなかったのだが、雨の降る夜の東京タワーの前で、自分をナイトモードポートレート撮影した時は、かなりの出来に、これまたびっくりしてしまった(45歳のポートレートは結構きつい)。

 iPhone 12とiPhone 12 Proを手にして、ますます子供をiPhoneで撮りまくりたいという気になっていた。

 

今回のiPhone 12とiPhone 12 Proは5Gに対応したというのが注目点だ。

5GエリアとWi-Fi環境においては、アップルのビデオ通話アプリ「FaceTime」がHD画質になる。

実際にauの5Gが入る東京・大井町駅前から、ソフトバンクの5Gが入る新宿にいた矢崎編集長にFaceTimeをしてみたが、確かに1080pと思われる高画質でのビデオ通話を体感することができた。

我が家では、海外出張時に自宅に連絡を入れる際、FaceTimeでやり取りすることが多い。子供の顔を見ながら会話するのが、海外出張時の癒しの時間だったりするのだ。

今年、ビデオ通話をする機会が圧倒的に増えたが、FaceTimeは安定しており、しかも音質がとても良かったりする。

これまでの720pでも満足できたが、1080pを体験してしまうと、「いつでも1080pで繋ぎたいなぁ」という気になってくる。

「コミュニケーションがもっとリッチになり、臨場感が伝えられる」というのが5Gのメリットの一つとされているので、まさにFaceTime HDはその先駆けと言えるだろう。

iPhone 12はまさにカメラと5Gを体感する上で幅広い人にお勧めできるiPhoneに仕上がっている。

iPhone 12 Proに関しては、さらにカメラに拘りたいという人向けだ。ただ、iPhone 12とiPhone 12 Proを触ってみると「もうちょっと小さいiPhone 12 miniはどんな触りごこちだろうか」「iPhone 12 Pro Maxは広角のセンサーが大きくなっているということで、画質が気になる」と発売日が11月13日発売の機種の存在も気になってくる。

現状、iPhone 12とiPhone 12 Proをお勧めしたいが、残りの2モデルの実力も期待できるだけに「残りの2モデルが出るまで様子見」というのもアリかもしれない。


関連記事:

iPhone 12|12 Pro 実機 動画+写真レビュー 初5G対応で日常がガラリと変わる予感

いい意味で予想を裏切ってきたiPhone 12|12 Proのカメラ ホワイトバランスと暗部階調が劇的改善(本田雅一)

SIMフリーiPhone 12で5Gを試す  取り扱いなしの楽天は?(石野純也)

実機で感じたiPhone 12|12 Proの違い。どちらを選ぶかは「価格」か「将来性」の2択(西田宗千佳)

iPhone 12|12 Proを持つと被写体と5G探しの旅へ出たくなる(松村太郎)