iPhone 13
Apple

2021年のiPhone 13(仮)には120Hz対応ディスプレイが搭載されるモデルがあると噂されてきましたが、それを裏付ける韓国サプライチェーン情報が届けられています。

市場調査会社UBIリサーチの報告によると、サムスンディスプレイはアップル専用の有機ELパネル生産ラインを、2021年前半にLTPS(低温ポリシリコン)からLTPO(低温多結晶酸化物)技術に切り替える予定とのことです。

LTPSとLTPOはともにディスプレイのバックプレーン、つまり液晶や有機ELを制御する回路基板の技術です。そしてLTPOは従来の(LTPS採用の)有機ELディスプレイよりも電力消費が少なく、すでに近年のApple Watchにも採用済み。また1Hz〜120Hzの可変リフレッシュレートにも対応しており、随時リフレッシュレートを下げて(Apple Watchの常時表示は1Hz表示)さらなる省電力が期待できます。

iPhone 12シリーズで120Hz表示が実現できなかったのは、アップルがLTPO技術を導入できる段階にはなかった(2020年内はサムスンが自社スマートフォンに独占使用)からと推測されています。その技術が2021年にようやく解禁され、iPhoneにも120Hz画面がやって来る見込みというわけです。

ただし「今年後半に発売されるiPhoneシリーズのハイエンドモデル」のみにLTPO有機ELパネルが搭載されるとのこと。iPhone 13のうち高価なProモデルのみ120Hz対応は定説となっており、アップル社内で開発中の常時表示画面を見たという証言もありました。さらに2022年にはProモデル以外の全機種に採用されるとの予想もあります

もしもiPhone 13 Proモデルで120Hz表示が可能になれば、iPad ProのProMotionディスプレイのように流れるようなスクロールや滑らかな動画が楽しめるようになるはず。またユーザーの操作に対する追随性も高まるため、もしかすれば何度も幻に終わった「iPhoneのApple Pencil対応」も実現するのかもしれません。

Source:The Elec

via:9to5Mac