iPhone 13 Magsafe case

今月(2021年9月)内に発表と見られる次期iPhone 13(仮)の正式な製品名は、もちろん発表前だけに明らかではありません。ノッチ(画面上部の切り欠き)が小さくなったりカメラ性能が向上したり、マイナーチェンジに留まるために「iPhone 12 s」になるとの予想もあります。

そんな状況のなか、アップル純正の「iPhone 13 Pro Max」用と書かれたMagSafe対応シリコーンケースらしき動画が公開されました。

この動画は、「PinkDon」と名乗るリーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)がTwitterに投稿したものです。そこでは大量の黒いシリコーン製の純正MagSafe対応ケースの箱がプラスチックに包まれ、配送用に並べられている様子が映っています。他の色のケースやレザー素材のものは映っていません。

アップルは例年通り、今年も新型iPhoneの発売に合わせて純正ケース一式を新色ありで用意すると予想されています。そしてiPhone 13は「9月14日に発表、17日に予約開始、24日に店頭発売」との噂話もあり、この時期に純正ケースの写真が流出してもおかしくはありません。

とはいえ、記事執筆時点では本動画はすでに削除されています。さらにいえば、こうしたケース写真を偽造することは難しくはないため、単なる話題作りの釣りネタである可能性も否定できません。

が、アップルは中国系リーカーに警告を送ったとの噂もあり、追及を逃れるために「本物だから消した」事態もありうると思われます。実際、過去に実績のあるリーカーもハイエンドMac miniと称するレンダリング画像を公開後、すぐに消していました

iPhone 13の正式発表が近づくにつれて、こうしたリーク画像がしだいに増えていくはず。ひとつずつ信ぴょう性を吟味しつつ、新型iPhoneへの期待を膨らませていきたいところです。

Source:PinkDon(Twitter)

via:9to5Mac