iPhone 13 mini
Apple

アップルは9月15日午前2時〜のイベントにて、新型スマートフォンiPhone 13 miniを発表しました。昨年のiPhone 12 miniと同じく5.4インチ画面ながら、もろもろの性能が向上しつつ、カメラなどに新機能が追加されています。

iPhone 13 miniではうわさ通りノッチ(画面上部の切り欠き)が小型化し、アップルいわく20%小さくなったとのこと。ノッチの大きさは(先代と同じく)6.1インチのiPhone 13と同じのようですが、よりディスプレイ面積が限られたminiモデルのほうが恩恵が大きそうです。

またiPhone 13 miniも、他の大きなモデル3つと同じA15 Bionicチップが搭載されています。5nmプロセス製造のA15は2つの高性能コア+4つの高効率コアの6コアCPUであり、新たな16コアのNeural Engine(機械学習を担当)は毎秒15兆8000億回もの演算をこなします。

また先代に引き続きデュアルカメラシステムながら、中身は大幅に強化。広角カメラの12MPセンサー(解像度は12 miniと同じ)では取り込める光量が47%アップし、超広角カメラにはProモデルと同じセンサーシフト式手ぶれ補正機能が搭載されました。先代では内部スペースにほとんど機能追加の余裕がないと見られていただけに、驚きの新要素といっていいでしょう。

動画撮影でも、A15のパワーにより背景を自動的にぼかしつつ、被写体に焦点を合わせられる「シネマティック・モード」を他の3モデル同様に利用できます。撮影中、ユーザーは他の被写体をタップしてフォーカスを移すことができます。

iPhone 13 mini
Apple

1日中デバイスを使い続けるユーザーにとって大きな魅力が、バッテリー寿命の改善です。「終日のバッテリー持続時間を提供する」というiPhone 13には及ばないものの、iPhone 13 miniはiPhone 12 miniよりも最大1時間半も長持ちするとのこと。iPhone 12世代ではバッテリー容量が11世代より減らされていたので、殊更にバッテリー増量が強調されていることには大きな意義があるはず。

iPhone 13 miniの本体色は、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライトおよび(PRODUCT)REDの5つ。価格は8万6800円(税込)〜で、予約開始は9月17日午後9時から。発売は9月24日。

関連記事:

5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表

Apple (Amazonストアページ)