always-on-display
Max Weinbach\EverythingApplePro

2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズのうちProモデルにて、常時表示ディスプレイが搭載されるなどの噂が伝えられています。

ウワサの発信源は、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Max Weinbach氏がYouTubeチャンネルEverythingAppleProの動画で述べていること。まずiPhone 13シリーズ全体のデザインは最小限に留まるとしつつ、Proモデルのマット(磨りガラス)調の背面は「より洗練される」とのこと。具体的にはテクスチャード加工されてグリップ感が増すとの趣旨が述べられています。

今回の本題と言えるのが、iPhone 13 Pro(仮)モデルに搭載されるディスプレイの予想。iPad Proと同じ120HzのProMotion画面が採用されるという、以前からの噂話を再確認しています。

より注目すべきは、新たなディスプレイがどう機能するかということ。すでに常時表示はApple Watch Series 5以降で実現しており、リフレッシュレートが調節可能なLTPO技術により操作のないときは画面書き換えの頻度を1Hz(毎秒1回)まで落として表示を続けながら省電力するしくみ。iPhone 13 Proモデルでも同じくLTPOにより実現すると予想されています

さてWeinbach氏によれば、常時表示画面は最小限のカスタマイズしかできないとのこと。現在開発中のデザインは基本的にはトーンダウン(簡素化)したロック画面のように見え、時刻とバッテリー充電率は常に表示されつつ、通知はバーとアイコンのみ。受信すると画面が完全に点灯せず、薄暗く一時的にしか表示されない以外は普通にポップアップするとのことです。

さらにiPhone 13シリーズが全機種そろって超広角カメラが改善されるとの見通しは、有名アナリストMing-Chi Kuo氏のそれと一致するものです。

ほかMagSafe用により強力な磁石が積まれたり、星や月を検出したとき「天体写真モード」に切り替わること、うわさの失せ物追跡タグAirTags(仮)は3~4月にリリースされてソフトウェア(iOS 14新バージョンなど)も完全に展開されること、次期Apple Watch Series 7(仮)では血糖値測定機能がサポートされない予想などが述べられています。

日常のなかでスマートフォンが時計代わりになって久しいだけに、タップしなければ時刻が分からないことに不便を感じている人も多いはず。そんな常時表示と120Hzによる滑らか表示かつ遅延の少ない操作がともに実現するなら、iPhoneの使いやすさも着実に向上しそうです。

9to5Mac

Source:EverythingApplePro(YouTube)

via:9to5Mac