A15
Apple

新型フラッグシップ「iPhone 13」シリーズが発表されてわずか1日で、早くもベンチマークスコアと称するデータが公開されました。

そのうちiPhone 13 ProのGPU性能を調べたものでは、先代のiPhone 12 Proよりも大幅に性能が向上しているとの数字が出ています。


このデータが公開されているのは、定番テストアプリGeekbenchの公式結果集計サイトであるGeekbench Browser。同サイトに投稿されたベンチマーク結果によれば、iPhone 13 Pro(iPhone14,2)のMetalスコアは14216とされ、iPhone 12 Proの9123よりも55%も向上しています。

Geekbench 5

iPhone 13シリーズには、4機種すべてに5nmプロセス製造の最新鋭SoC「A15 Bionic」が搭載されます。ただしそれぞれのCPUコア数が6基であること(2つの高性能コア+4つの高効率コア)は共通しているものの、GPUに関してはProモデルと普及モデルとで違いがあります。

具体的には、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro MaxのGPUは5コアであり、iPhone 13およびiPhone 13 miniは4コアという差が付けられているのです。

アップルはiPhone 13 Proモデルのグラフィック性能につき「他社よりも最大50パーセント速い」と公称していますが、今回のベンチマーク結果が本物であれば、その言葉も誇張はないと呼べそうです。


また、新iPhoneで恒例となる「新型iPhoneにはメモリがどれほど積まれているか」も判明済みです。アップルの公式開発ツールXcodeから、Proモデルには6GB RAMが搭載され、iPhone 13とiPhone 13 miniには4GBが搭載と確認されたとのこと。つまり、昨年のiPhone 12シリーズとまったく同じ構成です


なお、同時に発表された第6世代iPad miniにもA15 Bionicが搭載されていますが、こちらのGPUはiPhone 13 Proと同等の5コアだと仕様表で明らかにされています。今後しばらくiPad miniは、A15の高性能なグラフィックス能力がフルに楽しめる、最も安価なデバイスとなりそうです。


Source:Geekbench Browser

via:MacRumors