iPhone 13 pro
Apple

毎年の新型iPhoneには新色モデルが付きものですが、今年のiPhone 13(仮)シリーズのうち少なくともProモデルはカラーバリエーションが倍増し、マットブラックが追加される噂が伝えられています。

有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Max Weinbach氏はYouTubeチャンネルのEveryThingAppleProを通じて、iPhone 13シリーズに関する諸々の予測を伝えています。その1つが、全体的なデザインはノッチ(画面上部の切り欠き)が小さくなるものの、おおむねiPhone 12シリーズに似ている、ということ。iPhone 13の製品名は「iPhone 12s」になる程度のマイナーチェンジだと予想されていますが、そうした「反復」の年は新鮮に見せるために色を替えるのが一般的というわけです。

新色マットブラックは、iPhone 12 Proの灰色がかったグラファイトと入れ替えになる模様です。iPhone 12とiPhone 12 miniのブラックは光沢を帯びていますが、iPhone 13 Proのそれは色合いは似ていながらもマット(つや消し)仕上げになっているとのこと。また新たな指紋防止コーティングも施され、ガラスとステンレススティールバンドの(指紋が付きやすい)欠点を軽減するとも述べられています。

ほかiPhone 13シリーズで導入される新要素としては、ポートレートモード(背景ぼかし)のしくみ改善も含まれているそうです。このモードでは2つのカメラレンズの視差とコンピューターアルゴリズムを用いて、ピントが合っている被写体のエッジ部分を計算します。しかし、こと小さな隙間に関しては必ずしも正しく推測されているわけではありません。

そこでアップルはポートレートモードの劇的な更新に取り組んでいるとのこと。新システムではカメラデータとLiDARスキャナの深度情報を組み合わせることで、より忠実なエッジ検出が可能となり、本モードで撮影した写真が明らかにおかしく見える頻度は減るはずだと伝えられています。

もしも新システムがLiDARスキャナを活用するのであれば、同じ機構を備えたiPhone 12 Proシリーズのポートレートモードもソフトウェアにより改善されると期待できそうです。

iPhone 13のProモデルについては、画面下に指紋スキャナが埋め込まれる120Hz対応ディスプレイ搭載などの噂がささやかれています。これらが全て実現するのであれば、とても「iPhone 12s」に収まらない大幅モデルチェンジの感もありますが、今後の続報を待ちたいところです。

Source:EveryThngApplePro(YouTube)

via:9to5Mac