iPhone
Apple

2022年のフラッグシップ「iPhone 14」シリーズのうちProモデルは、チタン合金製の筐体を採用するとの予想が伝えられています。

大手金融機関JPモルガンの投資家向けレポートによると、2022年のiPhoneでは筐体デザインの変更が最大の変更点の1つになるとのこと。そしてProモデルのチタンフレームは、iPhone組み立て最大手のFoxconnが独占的に製造すると述べています。

もしもJPモルガンの予想が正しければ、iPhoneへのチタン素材採用はシリーズ史上初のことになります。アップル製品ではApple Watch Series 6の一部モデルやクレジットカードApple Cardにもチタンが用いられていますが、最新のiPhone 12ではアルミニウムとステンレススチールが使われています。

米MacRumorsによれば、チタンはステンレスに比べて硬度が高いので傷つきにくく、剛性が高いため曲げにも強い耐久性を持ち、鉄と同等の強度ながらも重さは45%、アルミニウムと比べれば2倍の強度で60%の重さであること、そして他の多くの合金に比べて腐食に強いなどの長所を指摘しています。

その一方で、むき出しのチタンやチタン合金の表面は指紋の油分が目立ちやすいことや、チタンは硬いためエッチング(薬品による腐食作用を利用した金属の微細加工)が難しく見栄えがしにくいといった短所も挙げています。

とはいえ、アップルはチタンを薄い酸化物でコーティングして指紋を目立ちにくくする技術や、チタン表面に高光沢面仕上げができるエッチング技術などの特許を出願ないし取得しており、実用に向けた準備は水面下で進めている模様です。

ほかJPモルガンのレポートは、来年のiPhone 14が今年のフラッグシップiPhone 13(仮)よりも大きな仕様変更となり、Touch IDがなんらかの形で戻ってくるかもしれないことや、5.4インチのminiサイズは廃止されるとの従来の噂を裏付けています。

「フラッグシップの5.4インチiPhone」を望む人にはiPhone 13 mini(仮)のほか選択の余地がなさそうですが、より大型サイズを好み革新的な機能を望む人は2022年まで待つかどうかが悩みどころとなりそうです。

Source:MacRumors