iPhone 12
Apple

アップルが2020年第4四半期の日本スマートフォン市場にて、半分以上もの出荷シェアを占めたとの調査結果が発表されています。

市場調査会社IDC(International Data Corporation)の報告によると、2020年第4四半期の日本でのスマートフォン出荷台数は約1143万台。そのうち52.6%がアップル製とされ、実に国内で売れた半分以上がiPhoneだったことになります。ちなみにアップルはiPhoneやMacなどの販売台数を非公開としているため、これらの数字はすべてIDCの推計です。

より具体的な推計としては、iPhoneの日本での総出荷台数は601万5千台。ちょうど5G対応のiPhone 12シリーズが発売された時期でもあり、前年同期比で13.8%もの増加です。国内スマートフォン総販売台数も前年同期より10.6%増を記録しており、市場全体の成長にiPhoneが貢献したことがうかがえます。

IDC
IDC

アップルに次ぐ国内第2位はシャープであり、出荷台数は141万4千台で市場シェアは12.4%。京セラは7.0%のシェアと80万1000台の出荷で第3位にランクインしています。それに続く第4位はサムスンで、出荷は78万1000台で市場シェアは6.8%。ソニーは73万2000台の出荷と6.4%のシェアで第5位にあり、サムスンを僅差で追撃しているかたちです。

2020年通年ではアップルの市場シェアは46.5%で、出荷台数は1563万7千台で前年比8.3%増とのこと。過半には届かないものの「iPhoneが日本で最も売れたスマートフォン」という状況に変わりはありません。かたやシャープ、富士通、サムスン、京セラはそれぞれ13.3%、8.3%、8.1%、7.5%の市場シェアと報告されています。

また2020年通年の出荷台数は前年比5.9%増の3302万8千台とされていますが、これは2019年に「分離プラン」の導入により多くのベンダーが出荷台数を減らしたという、日本固有の事情も働いているとのこと。それに対して2020年は5G対応モデル出荷のほか、iPhone SE(第2世代)など比較的廉価な4Gモデルが多く発売されたことが成長の要因とされ、こちらでもアップルの貢献が評価されているかたちです。

Source:IDC

via:MacRumors