iOS 14ならアプリ管理が快適に!「Appライブラリ」でホームを整理整頓:iPhone Tips【iOS 14パブリックベータ】

ホーム画面がごちゃごちゃな人に朗報!

山崎理香子(TEKIKAKU)
山崎理香子(TEKIKAKU)
2020年07月24日, 午前 07:10 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
iPhone

この秋リリース予定のiOS 14では、ホーム画面に便利な新機能がいくつか追加されます。たとえば、「Appライブラリ」はインストールしたアプリを一覧で確認できる機能。使いたいアプリをすぐに見つけられるので便利です。加えて、増えすぎた不要なページを非表示にする機能も追加されました。今回はこれらの新機能の使い方を紹介しましょう。

なお、今回はパブリックベータ版を使って手順を解説しています。正式版として公開されるものと仕様が異なる可能性があることにご留意ください。

「Appライブラリ」では使いたいアプリが一発で見つかる!

Appライブラリは、ホーム画面の最後尾のページに表示されます。ここではインストールしたアプリが「SNS」や「ゲーム」などのカテゴリに自動分類され、いま必要なアプリをひと目で探せます。ホーム画面がごちゃごちゃしていて使いたいアプリが見つからない、フォルダを漁ってアプリを探すのが面倒というときに便利な機能です。アイコンをタップすると、そのアプリが起動します。長押しすれば3D Touch機能も使えます。

iPhone
▲画面を左にスワイプして最後尾まで移動(左)。Appライブラリが表示されます(右)

最近インストールしたアプリは「最近追加した項目」欄に分類されます。「提案」欄には、時間や場所などの使用状況をもとに必要と思われるアプリが表示されます。アプリが大量にあって探すのが面倒な場合は、検索機能を使いましょう。画面上部の検索ボックスをタップし、アプリ名を入力します。「仕事効率」や「ショッピング」などのキーワード検索はできないので注意。

iPhone
▲検索ボックスをタップ(右)。アプリ名を入力すると、目当てのアプリが一発で表示されます(右)

ホーム画面のページを隠してスッキリさせる

さらに、iOS 14ではペ―ジを非表示にすることが可能になりました。この機能を使えば、アプリの追加によって増えすぎた不要なページを隠し、ホーム画面をすっきりさせることができます。

この機能を使う前に、あらかじめホーム画面を整理しておきましょう。よく使うアプリ、使う頻度が低いアプリをそれぞれひとつのページにまとめておくことがポイントです。それが完了したら、ホーム画面の空白部分を長押しして編集モードにします。続いて画面下のバーをタップし、「ページを編集」画面を表示。非表示にしたいページのチェックを外し、「完了」をタップしましょう。

iPhone
▲ホーム画面の空白部を長押し、もしくはアプリを長押しして「ホーム画面を編集」を選択し、画面下のバーをタップ(左)。チェックを外してページを非表示にします(右)

もう一度「完了」をタップすると、編集完了。不要なページが非表示になり、ウィジェットやAppライブラリとの行き来がスムーズになりました。なお、非表示にしたページのアプリは使えなくなるわけではありません。Appライブラリやウィジェットで検索すると、普段通り使用できます。

iPhone
▲1ページだけを表示させると、ウィジェットやAppライブラリ間の移動が楽に(左)。非表示になったアプリはAppライブラリで使えるので安心(右)

ページの非表示を解除したいときは、ホーム画面の空白を長押しして編集モードをオンに。画面下のバーをタップして「ページを編集」画面を表示させ、チェックを再びつければOKです。

※パブリックベータ版iOS 14 / iPadOS 14の画面は、取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載しています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iphone, tips, iphone tips, iOS 14, App, App library, iphonetips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter