iPhone12 mini、iPhone 12とiPhone SEを比較。自分に合うiPhoneはどれ

大きな違いは5Gとカメラ性能、SEにはTouch IDの便利さも

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年10月14日, 午後 07:00 in iPhone
0シェア
FacebookTwitter

Apple
Apple

アップルが、iPhone 12シリーズ全4機種を発表しました。この記事では、今年春に発売された第2世代iPhone SEと、iPhone 12 mini / iPhone 12を比較表で比べてみます。

iPhone SE(第2世代) iPhone 12 mini iPhone 12
出荷時OS iOS 13 iOS 14 iOS 14
プロセッサ A13 Bionic
第3世代のNeural Engine
A14 Bionic
次世代のNeural Engine
A14 Bionic
次世代のNeural Engine
ディスプレイ 4.7インチRetina HD
LCD Multi Touch
True Toneディスプレイ
1400:1(標準)
最大輝度625ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
広色域対応(P3)
5.4インチSuper Retina XDR display
OLED Multi Touch
Ceramic Sheild
HDR ディスプレイ
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
最大輝度625ニト(標準)、
最大輝度1200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
6.1インチSuper Retina XDR display
OLED Multi Touch
Ceramic Sheild
HDR ディスプレイ
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
最大輝度625ニト(標準)、
最大輝度1200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
画面機能 触覚タッチ 触覚タッチ
複数の言語と文字の同時表示をサポート
触覚タッチ
複数の言語と文字の同時表示をサポート
画面解像度 1334 x 750 2340 x 1080 2532 x 1170
PPI 326 475 460
生体認証 Touch ID Face ID Face ID
ストレージ 64 / 128 / 256GB 64 /128 /256GB 64 /128 /256GB
背面カメラ 12MPカメラ(広角)
ƒ/1.8絞り値
最大5倍デジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
LED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
次世代のスマートHDR(写真)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
デュアル12MPカメラ(超広角、広角)
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.6絞り値
2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
光学式手ぶれ補正(広角)
5枚構成のレンズ(超広角)
7枚構成のレンズ(広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
シーン検出対応スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
デュアル12MPカメラ(超広角、広角)
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
広角:ƒ/1.6絞り値
2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
ポートレートモード
ポートレートライティング
光学式手ぶれ補正(広角)
5枚構成のレンズ(超広角)
7枚構成のレンズ(広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
シーン検出対応スマートHDR 3
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
動画撮影 4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
最大3倍のデジタルズーム
LED True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120 /240fps)
手ぶれ補正タイムラプス
連続オートフォーカスビデオ
4K動画撮影中の8MP静止画撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
ビデオの光学式手ぶれ補正(広角)
2倍光学ズームアウト
最大3倍デジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120 /240fps)
手ぶれ補正タイムラプス
ナイトモードタイムラプス
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
連続オートフォーカスビデオ
4K動画撮影中の8MP静止画撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音

4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
ビデオの光学式手ぶれ補正(広角)
2倍光学ズームアウト
最大3倍デジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120 /240fps)
手ぶれ補正タイムラプス
ナイトモードタイムラプス
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大60fps)
連続オートフォーカスビデオ
4K動画撮影中の8MP静止画撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
前面カメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
ポートレートモード
ポートレートライティング
1080p HDビデオ撮影(30fps)
Retina Flash
QuickTakeビデオ
ビデオ手ぶれ補正(1080p、720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
シーン検出対応スマートHDR 3
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
4K動画:24/30/60fps
1080p:30/60fps
1080pスロー:120fps
手ぶれ補正タイムラプス
ナイトモードタイムラプス
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオ手ぶれ補正
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
シーン検出対応スマートHDR 3
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
4K動画:24/30/60fps
1080p:30/60fps
1080pスロー:120fps
手ぶれ補正タイムラプス
ナイトモードタイムラプス
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオ手ぶれ補正
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
SIMスロット nanoSIM/eSIM nanoSIM + eSIM nanoSIM + eSIM
WiFi 802.11ax WiFi 6 802.11ax(WiFi 6) 802.11ax(WiFi 6)
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
NFC リーダーモード対応NFC、FeliCa
予備電力機能付きエクスプレスカード
リーダーモード対応NFC、Felica
予備電力機能付きエクスプレスカード
リーダーモード対応NFC、Felica
予備電力機能付きエクスプレスカード
位置情報 内蔵GPS/GNSS
デジタルコンパス
WiFi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
内蔵GPS/GNSS
デジタルコンパス
WiFi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
内蔵GPS/GNSS
デジタルコンパス
WiFi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
センサー

Touch ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー

Face ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
Face ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
防水防塵 IP67(最大水深1mで最大30分) IP68(最大水深6mで最大30分間) IP68(最大水深6mで最大30分間)
本体色 PRODUCT RED、ホワイト、ブラック ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED
ブルー、グリーン
ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED
ブルー、グリーン
バッテリー ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間
ビデオ再生:最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大10時間
オーディオ再生:最大50時間
ビデオ再生:最大17時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大11時間
オーディオ再生:最大65時間
ワイヤレス充電 Qi対応 MagSafe
最大15W
アクセサリ識別NFC
磁力計
MagSafe
最大15W
アクセサリ識別NFC
磁力計
重量 148g 133g 162g
寸法 138.4 x 67.3 x 7.3mm 131.5 x 64.2 x 7.4mm 148.7 x 71.5 x 7.4mm
税別価格
(SIMフリー版)
64GB 4万4800円
128GB 4万9800円
256GB 6万800円
64GB 7万4800円
128GB 7万9800円
256GB 9万800円
64GB 8万5800円
128GB 9万800円
256GB 10万800円

iPhone SEは初代から続くなじみある前面デザインを持ち、ホームボタン(Touch ID)の使いやすさ、手に持ちやすいサイズ感で選ぶ人が多いと考えられます。その反面上下にベゼルがある分、ディスプレイサイズが4.7インチと小さくなっています。新しく発表され、iPhone SEよりもさらに小ぶりなiPhone 12 miniが5.4インチディスプレイを備えることを考えても、SEのディスプレイはひとまわり小さく感じてしまいます。

一方で、iPhone 12は6.1インチディスプレイを採用し、SE、12 miniに比べても余裕あるサイズです。ちなみに今回の発表で姿を消すことになったiPhone 11 Proの画面サイズは5.8インチで、iPhone 12の6.1インチに比べても少し小さかったりします。

iPhone SEはディスプレイが液晶なので、OLEDを採用するiPhone 12 mimi / 12に比べ最大輝度が低く、直射日光の下では視認性が劣るかもしれません。

とはいえ、新型コロナウイルスへの感染防止の観点からマスクを日常的に私用する昨今、Touch IDのほうがFace IDよりも便利に感じる場面も多いと考えられます。

性能的にもiPhone SEのA13 Bionicプロセッサーはまだまだ使えるため、5G対応やカメラ性能に拘らず、画面の大きさよりも利便性を重視するのなら、価格面でも256GBで6万800円とコストパフォーマンスの高いiPhone SEを選ぶ選択もまた正しいと言えます。

Apple
Apple

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iPhone, Apple, iPhone SE, iPhone 12 mini, iPhone 12, compare, specsheet, spec, news, gear
0シェア
FacebookTwitter