iPhone

「探す」アプリの「デバイスを探す」は、iOS製品の位置情報を利用して、端末がどこにあるかを地図上に表示させる機能。外出先でiPhoneをどこかに置いてきてしまったときや、盗難の被害に遭ったときに便利ですが、「デバイスがオフライン状態でも使えるの?」と疑問に思ったことはありませんか? 実は、事前に設定を済ませておけば、Wi-Fiやモバイルデータ通信に接続していないデバイスの位置も確認できるんです。

オフラインで端末を探せるように準備する

「デバイスを探す」でオフラインの端末を探せるようにするには、事前準備が必要です。まず、探し出せるようにしておきたいiPhoneで「設定」を開き、Apple IDをタップ。続いて「探す」をタップします。

iPhone
▲「設定」アプリを開き、Apple IDをタップ(左)。「探す」を選択(右)

「iPhoneを探す」がオンになっているのをタップして確認し、「“探す”のネットワーク」をオンにしましょう。「最後の位置情報を送信」をタップすると、バッテリー残量が少なくなったときにiPhoneの位置情報をAppleに自動送信できるようになります。

iPhone
▲「iPhoneを探す」をタップ。オフ状態の場合は次の画面でオンにできます(左)。「“探す”のネットワーク」をオン。パスコード未設定の場合は、新規登録します(右)

オフライン状態では、Bluetooth信号を利用して端末の位置情報をiCloudに送信します。万が一の事態に備えてiPhoneのBluetoothを常にオンにしておきましょう。

なお、端末で2ファクタ認証が有効になっていると、パソコンなどで「探す」機能を使うときに端末に届いたパスコードを入力しなくてはいけません。紛失や盗難に遭ったときにスムーズにデバイスを探せるように、あらかじめパソコンや予備の端末でiCloudにサインインして認証を済ませておきましょう。

iPhone
▲パソコンや予備の端末でiCloudにサインインし、自分のiPhoneでサインインを許可。表示されたパスコードをiCloudに入力

次に、パソコンや予備端末を「信頼できるデバイス」に登録すると認証完了。次回以降はパスコードなしでサインインできるので、「探す」機能を簡単に利用できます。

紛失した端末を探す

あとは、パソコンやほかのデバイスを使って「icloud.com」にアクセス。自分のApple IDとパスワードを入力してサインインします。次の画面で「iPhoneを探す」をクリックもしくはタップすると、オフライン状態にある端末の位置情報が地図に表示されます。

iPhone
▲iCloudにサインインし、「iPhoneを探す」をタップ。端末の位置が地図上に表示されました

なお、「探す」機能は紛失したiPhoneの電源がオフになっていると使用できないので注意が必要です。

Gallery: Bluetoothがオンになっていれば大丈夫!オフライン状態のiPhoneを探す方法:iPhone Tips | of 4 Photos

  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>