iPhone

この秋リリース予定のiOS 14では、「写真」アプリに保存した画像に自由にキャプションを追加できるようになりました。これにより、写真を撮ったときのシチュエーションがより分かりやすくなり、「検索」機能を使う際に目当ての写真を簡単に探せるようになります。

なお、今回はパブリックベータ版を使って手順を解説しています。正式版として公開されるものと仕様が異なる可能性があることにご留意ください。

写真にキャプションをつける

写真にキャプションをつけるには、まず「写真」アプリを開いてキャプションをつけたい写真を表示させます。続いて、写真を上方向にドラッグ。キャプションの入力欄が表示されるので、好きな文章を入力しましょう。撮った場所やシチュエーションなどを書いておくと、検索が楽になります。入力できたら、画面右上の「完了」をタップ。

iPhone
▲写真を表示して上にドラッグ(左)。任意のキャプションを入力。絵文字なども入力可能で、文字数制限はありません(右)

入力したキャプションは、写真を上方向にドラッグすることで確認や編集、削除をすることが可能です。ちなみに、キャプションをつけた写真をメールやLINEで共有しても、相手にキャプションの内容が伝わることはありません。

iPhone
▲写真を上方向にドラッグすると、キャプションが表示されます(左)。そのまま編集・削除も可能(右)

キャプションのキーワードで写真を検索

上記の通り、キャプションを入力すると写真の検索がしやすくなります。「検索」をタップし、画面上部の検索ボックスにキャプションの一部を入力してみましょう。該当の写真があれば、一文字入力するだけヒットすることも。

iPhone
▲画面右下の「検索」をクリックし、検索ボックスにキャプションの一部を入力(左)。該当の写真が表示されました(右)

おまけ:iOS 14では写真をもっとズームできるように!

iOS 14では写真の最大拡大率が格段にアップし、写真の細部をよりしっかりと確認できるようになりました。ズームするごとに解像度は低くなりますが、SNSによく写真をアップする人にとっては、瞳や窓になど映り込みがないか、加工が不自然ではないか等のチェックに役立つでしょう。

iPhone
▲iOS 13の最大ズーム(左)とiOS 14の最大ズーム(右)。かなり細部まで見られるようになりました