スクロール地獄からの解放!LINEで大切なメッセージを見失わないようにするテクニック:iPhone Tips

「それいつ言った?」からも解放されます

山崎理香子(TEKIKAKU)
山崎理香子(TEKIKAKU)
2020年06月27日, 午前 07:10 in iPhone Tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhone

LINEで送られてきた集合日時や仕事関連のメッセージなど、大切なメッセージはいつでも見返せるようにしておきたいもの。とはいえやり取りが多くなると、画面をスクロールしてそれを探すのも一苦労。そこで今回は、LINEで大切なメッセージを見失わないためのテクニックを紹介します。

全員にとって大切な情報は「アナウンス」機能でピン留め

大切なメッセージが送られてきたら、「アナウンス」機能を活用しましょう。トークルームの上部にピン留めされ、画面を開くたびにメッセージが目に入るようになります。この機能をつかうには、ピン留めしたいメッセージを長押しし、「アナウンス」を選択しましょう。

iPhone
▲メッセージを長押しし、「アナウンス」をタップ(左)。タップしたトークが画面上部に表示されました(右)

「アナウンス」はトークに参加しているメンバー全員に表示されるのが特徴。集合日時や場所、集金の金額など全員で共有したい情報に利用するとよいでしょう。アナウンスを取り消したいときは、右端の記号をタップして「今後は表示しない」をタップすればOK。

自分だけの大切な情報は「Keep」に保存

自分だけメッセージを見失わないようにしたいという場合は、「Keep」に保存するのがオススメです。メッセージを長押しし、「Keep」をタップ。保存したいメッセージを選択し、「保存」をタップすれば完了。

iPhone
▲メッセージを長押しし、「Keep」をタップ(左)。「保存」しましょう。メッセージは複数保存できます(右)

保存したメッセージを見返したい場合は、トークルーム左下にある「+」をタップ。「Keep」で保存したものをすべて確認できます。さらに、メッセージを選択して「シェア」をタップすると、そのメッセージをトークに再投稿し、メンバーと共有することが可能です。

iPhone
▲画面左下の「+」をから「Keep」をタップ(左)。保存したメッセージを確認できます。メッセージを選択して「シェア」をすればメンバーにそのメッセージを共有可能(右)

大切なメッセージが見つからない場合は「検索」機能を活用

「アナウンス」や「Keep」を使いたいのに、肝心のメッセージが見つからないということもありますよね。そんなときは、トークルームの検索機能をつかってメッセージを探しましょう。すぐに大切なやり取りを見つけられます。

検索機能は、トークルーム右上の虫眼鏡のアイコンをタップすると使えます。探したいメッセージに関するキーワードを入力するか、右下のカレンダーをタップしてやり取りした日を選択して検索しましょう。

iPhone
▲画面右上の虫眼鏡をタップ(左)。キーワードを入力するか、カレンダーで日付を選択(右)

誰とメッセージをやり取りしたか思い出せない場合は、「トーク」の検索機能を使うのがオススメです。「トーク」画面上部の検索ボックスにキーワードを入力しましょう。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iphone, tips, iphone tips, LINE, message, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents