iPhone

iPhoneに着信があったとき、画面を見ずに誰がかけてきたかわかったら楽ですよね。実は、「音声で知らせる」機能を使えば、Siriが発信者の名前を読み上げてくれるんです。ちょっと手が離せないときはもちろん、ハンズフリー通話の際も、わざわざ画面を見なくても発信元がわかるので安心。それでは使い方を解説しましょう。

「音声で知らせる」をオンにする

「音声で知らせる」機能を使うには、まず「設定」アプリを開いて「音声で知らせる」をタップします。

iPhone
▲「設定」を開き、「電話」をタップ(左)。「音声で知らせる」をタップします(右)

続いて、「ヘッドフォンと自動車」または「ヘッドフォンのみ」を選ぶと、iPhoneにヘッドフォンを接続しているときや、Bluetoothで自動車と接続しているときに限って、Siriが発信者の名前を読み上げてくれます。一方、「常に知らせる」を選択すると、ヘッドフォンなどを接続していないときはiPhoneの内蔵スピーカーからSiriの音声が流れます。どんな状況でも誰が電話してきたかが音でわかる反面、周囲の人に発信元を知られる可能性もあるので注意しましょう。

iPhone
▲「ヘッドフォンと自動車」、「ヘッドフォンのみ」のどれかを選択(左)。「常に知らせる」を選択 すると、内蔵スピーカーからSiriの音声が流れます(右)

画面を見なくても発信元がわかる

「音声で知らせる」機能をオンにした状態で、「連絡先」に登録している相手から電話がかかってくると、Siriが一度だけ発信者の名前を読み上げてくれます。未登録の相手からの着信は「不明な発信者」と読み上げられるので、知らない相手からの電話は取りたくないという人も安心。

iPhone
▲「連絡先」に登録している番号から着信があると、Siriが相手の名前を読み上げます(左)。未登録の番号からの着信は「不明な発信者」と教えられます(右)

ちなみに、「LINE」の無料通話機能から着信は、すべて「LINEオーディオ」と読み上げられます。

Gallery: 電話がかかってきた!誰からの着信かSiriに「音声」で教えてもらおう!:iPhone Tips | of 3 Photos

  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>