iPhone
iPhone

締め切りのある作業は計画的に行うことが大切ですが、ギリギリにならないとやる気がでない人もいるはず。そんなときに使ってみてほしいのが、「期限のリマインダーを追加」というショートカット。期限付きのリマインダーを素早く設定し、期限日になると通知を受け取れるんです。スケジュール管理が苦手な人は使い方を覚えておきましょう。

ショートカットを追加

まずは「ショートカット」アプリを開き、「期限のリマインダーを追加」を追加しましょう。画面上部の検索欄に「期限」と入力するとすぐに表示されるので、タップして「マイショートカット」に加えましょう

iPhone
▲画面右下の「ギャラリー」をタップし、検索欄に「期限」と入力(左)。「期限のリマインダーを追加」をタップし、「ショートカットを追加」をタップ(右)

続いて、マイショートカットで「期限のリマインダーを追加」の「…」をタップし、詳細設定を変更します。「リマインダー」欄の「アクセスを許可」をタップし、ショートカットがリマインダーにアクセスするのを許可します。

iPhone
▲「期限のリマインダーを追加」の「…」をタップ(左)。リマインダー欄の「アクセスを許可」をタップし、「OK」を選択(右)

設定した期限日になると、「〇〇は期限切れです!」というメッセージが表示されます。別の文章に変更したい場合は、「リマインダー」欄の「期限切れです!」をタップし、好きな文を入力しましょう。画面右上の「…」をタップし、「ホーム画面に追加」を選択すると、「期限のリマインダーを追加」をアイコン化してホーム画面に表示できます。より素早くショートカットを使いたい場合は、この機能を使用しましょう。

iPhone
▲「期限切れです!」をタップし、任意の文章を入力。今回は「明日が期限です!」に変更しました(左)。画面右上の「…」から、「ホーム画面に追加」をタップ(右)

リマインダーを追加する

ホーム画面に表示させたアイコンをタップし、「期限のリマインダーを追加」を使用しましょう。「記録している項目は何ですか?」に対して、期限を通知してほしい作業内容を入力します。「完了」をタップしたら、期限を選択。このとき、本当の締め切りより1日以上前の日付を選択することが大切です。

iPhone
▲リマインダーの内容を入力し、「完了」をタップ。今回は「名刺作成」と入力(左)。期限を選択して「完了」をタップすると、設定は完了です(右)

期限日になると、「名刺作成は明日が期限です!」と通知が届きます。締め切りが近付かないとやる気が出ない人は、「ヤバい!」と思って頑張れるのでは?

Gallery: 追い込まれないとやる気が出ない人は「期限のリマインダーを追加」を使うべし!:iPhone Tips | of 4 Photos

  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>
  • <p></p>
    <p></p>