iPhone

「やりたいこと、やらなければいけないことが沢山あるのに肝心のやる気が出ない」なんて経験をしたことはありませんか? モチベーションが低下した状態で多くの作業はこなせないので、タスクに優先順位をつけることが重要。それを手助けしてくれるのが「主なタスクを3つ計画」というショートカットです。

「主なタスクを3つ計画」を追加

「主なタスクを3つ計画」では、今日やるべき最低限のタスク3つを素早く作成し、「LINE」や「リマインダー」などで共有できます。まずは「ショートカット」アプリを開き、「ギャラリー」の「朝の日課」から「主なタスクを3つ計画」を選びましょう。「ショートカットを追加」からマイショートカットに追加できます。

iPhone
▲「ギャラリー」の「朝の日課」で「すべて表示」を押し、「主なタスクを3つ計画」を選択(左)。「ショートカットを追加」をタップ(右)

続いて画面左下の「マイショートカット」から、「主のタスクを3つ計画」の「…」からメニューに入り、もう一度画面右上の「…」をタップ。詳細画面から「ホーム画面に追加」を選択しましょう。ホーム画面に専用アイコンが追加され、ワンタップでショートカットを実行できるようになります。

iPhone
▲「マイショートカット」で「…」を押します(左)。もう一度「…」をタップし、「ホーム画面に追加」を選び、専用アイコンをホーム画面に加えます(右)

ショートカットを実行してタスクを作成

アプリアイコンから3つのタスクを作成してみましょう。「今日成し遂げたいことを1つ挙げてください」という文章が出るので、タスクを入力して「完了」をタップ。それをあと2回繰り返します。

iPhone
▲アイコンをタップ(左)し、タスクを3個入力します(右)

「#今日の作業予定」という確認画面が表示されるので、内容に間違いがなければ画面左上の「完了」を押しましょう。続いて、タスクの共有先を選択します。私は日常的にLINEをにメモ代わりに使っているので、送信先を「LINE」の「Keepメモ」に設定しました。タスクが転送され、LINEの「Keepメモ」を開くと内容を確認できます。

iPhone
▲タスクの内容を確認して「完了」を(左)。「LINE」を選択し、「Keepメモ」と「転送」をタップ。「リマインダー」を選ぶのもおすすめ(右)

「リマインダー」アプリにタスクを自動で転送

日常的に「リマインダー」アプリを使っている人は、詳細設定を変更してタスクを素早くリマインダーに転送できるようにしましょう。「ショートカット」アプリの「マイショートカット」から、「主なタスクを3つ計画」の「…」をタップします。続いて画面下部の「+」から「App」を選択しましょう。

iPhone
▲「…」を押して詳細画面を表示します(左)。画面下部の「+」から「App」を選択(右)

「App」から「リマインダー」を選択し、「新規リマインダーを追加」を選びます。「リマインダー」をタップして「テキスト」に変更、画面右上の「完了」を。これで設定は終了です。タスクを作成して「完了」と「×」を続けて押せば、自動でリマインダーに転送されます。ただし、3つのタスクは「#今日の作業予定」としてひとつにまとめられるので注意してください。

iPhone
▲「リマインダー」をタップし、「新規リマインダーを選択」(左)。次の画面で「リマインダー」を「テキスト」に変更します(右)

Siriとの連携も便利

文字を入力するのも面倒という人は、Siriにタスクを作成してもらいましょう。Siriを起動し、「主なタスクを3つ計画」と話しかけます。続いてSiriが「今日成し遂げたいことを1つ挙げてください」と聞いてくるので、3つのタスクを話しましょう。タスクが自動で作成され、転送先を選択できます。

iPhone
▲Siriを起動して3つのタスクを話します(左)。確認画面が表示され、次の画面で転送先を選べます。短い言葉で話すと間違いが少ないです(右)