iPhone XR
Apple

アップルはiPhone 13シリーズ4機種を発表しましたが、それに伴い公式オンラインストアではiPhone XRとiPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro Maxが販売終了となりました。2019年や2020年にも、フラッグシップiPhoneの発表に合わせて前年の上位モデルがストアから姿を消しており、今年も同じパターンを踏襲したかっこうです。

これにより、公式ストアでの現役モデルはiPhone 13シリーズ(記事執筆時点では、まだ予約受付の開始前)の他はiPhone 12とiPhone 12 mini、iPhone 11およびiPhone SE(第2世代)ということに。またiPhone 11の価格は従来の7万1280円(税込、以下同)〜から6万1800円となり、約1万円ほどお安くなりました。ちなみに今回が、2度目の値下げとなっています

ほか、2018年9月に発売されたiPhone XRがついに販売終了。足かけ3年にわたって販売され続けたことが逆に驚きではありますが、搭載プロセッサのA12 Bionicは今なお必要十分の性能であり、アップル恒例の「安くてそこそこ使える過去モデル」として残されたと思われます。

iPhone 13 Pro
Apple

来年iPhone 14(仮)が発表された暁には、iPhone 11が公式ストアから消える順番が回ってくる可能性が高いはず。おそらく最後の6.1インチ液晶iPhoneになる見通しですが、有機ELが肌に合わず液晶に並々ならぬ愛着を持つ人は今のうちに買っておいてもいいかもしれません。

関連記事:

5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表

Apple (Amazonストアページ)