iPhone 12
Apple

iPhone 12およびiPhone 12 Proの使用レポートが公開されつつありますが、これら両モデルが5Gを利用した場合、4G通信時よりもバッテリー持続時間が20%も短くなるというテスト結果が公開されています。

海外テックサイトTom's GuideはiPhone 12の両機種を画面の明るさ150ニットでWebサーフィンし続け、30秒ごとに新たなサイトを開くテストを行ったとのこと。

その結果、iPhone 12は5G時で8時間25分なのに対し、4Gでは10時間23分。iPhone 12 Proはそれぞれ9時間6分に対して11時間24分ということで、5Gではバッテリーが約20%も早く消耗するとの結論に達しています。

ちなみに2019年モデルのiPhone 11とiPhone 11 Proで同じテストをしたところ(当然こちらは5G抜きで)、前者は11時間16分、後者は10時間24分を達成したとのこと。iPhone 12に関してはバッテリー容量がiPhone 11よりも300mAh近く減っている(3110mAhから2815mAh)との数値がブラジルの認証機関データベースから見つかっています。

Tom's Guideは同じ条件下でのテストを他社の5G対応Androidスマートフォンにも行っており、その結果は「アップルの新型スマートフォンは、特に5Gネットワーク上で、ハイエンド端末のバッテリー持続時間リスト上で一歩遅れを取っている」との総評を述べています。

Batterytest

その概要は上図の通りで、たとえばGalaxy S20は9分31秒(画面リフレッシュレート60Hzの場合)、Google Pixel 5は9分56秒(同じく60Hzの場合)と、いずれもiPhone 12および12 Proを上回っています。

ただしその反面、リフレッシュレートを120Hzにした場合は各社とも大幅に持続時間が減っており、iPhone 12シリーズにて120Hz仕様が見送られた理由もうかがえそうです。

こうしたバッテリー持続テスト結果は、iPhone 12シリーズ発表イベントで明かされた「スマートデータモード」、すなわち「バッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合のみ5Gを使用」(自動的に4Gに切り替え)」なる新機能と深く結びついているとも思われます。

ともあれ昨年モデルのiPhone 11 Pro Maxで謳われていた「iPhone史上最長の駆動時間を誇るバッテリーを搭載」というフレーズがなぜiPhone 12 Pro Maxでは消えたのか(今回のレポートにPro Maxは含まれていませんが)、その理由が憶測できる感があります。

Source:Tom’s Guide