iPhone 12(仮)とApple Watch Series 6(仮)、紛失防止AirTagが10月後半に同時発表のウワサ

携帯電話と時計は同時発表が恒例でした

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年09月1日, 午後 01:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
AirTag
Apple

アップルが10月後半にフラッグシップiPhone 12(仮)シリーズ、Apple Watch Series 6(仮)、そして長らく噂の純正忘れ物防止タグAirTagを発表するイベントを開催予定との噂が伝えられています。

ウワサを発信しているのは、海外でも情報の信ぴょう性と迅速さに定評あるMacお宝鑑定団Blogです。中国サプライヤーからの情報とされており、当初AirTagは第2世代iPhoneと同じ頃(つまり今年4月)に発表される予定だったが、何らかの事情により遅れたと推測されています。

注目したいのは、まずiPhone 12発表が10月後半とされていること。アップルは今年のiPhone(iPhone 12)販売が昨年の9月下旬より数週間遅れること、すなわち早くても10月初めになると公式に発表しています

そんななかiPhone 12発表イベントがいつ行われるのか、他の新製品と同時発表かどうかは、事情通の間でも意見が分かれています。アップル社内に情報源を持つというJon Prosser氏は9月に新型Apple Watch(とiPad)がプレスリリースで発表、iPhone発表イベントは10月第3週(12~16日)に開催されると予測しており、今回の噂と真っ向から対立するかたちです。

ただアップルがiPhoneとApple Watchの発表を別々に行った前例はないため、Prosser説に対しては懐疑的な声も少なからずあります。この観点に立てば、Macお宝鑑定団説が有力と言えそうです。

第2の注目は、AirTagがようやくお披露目されるという見通しです。他社製品Tileのような紛失防止タグの手がかりは昨年9月のiOS 13ベータ内から見つかっており有名アナリストMing-Chi Kuo氏も2020年末までに数千万台が出荷されるとの見通しを述べていました。今年4月にはアップル自らが公式動画でうっかり「AirTag」の名前を出したこともあり、発表は秒読み段階と見られていたしだいです。

Macお宝鑑定団によれば、AirTagはApp Clipsと連携できる可能性もあるとのことです。

このApp ClipsはiOS 14の新機能で、iPhoneでQRコードやNFCなどをスキャンするとアプリの一部機能やコンテンツのみを利用できるというものです。たとえば食事の注文やレンタル自転車の支払いをしやすくする用途などが想定されています。しかし、そもそもAirTagはiOSの「探す」アプリとの連携が予想されており、その場限りの側面が強そうなApp Clipsをどのように活用するかは不明です。

今回の噂に上がっているApple Watch Series 6はEECデータベース登録が発見されており、近日発売がほぼ確実なはず。血中酸素飽和度(SpO2)センサー搭載とのサプライチェーン情報もあり、Apple Watch買い換えを検討している人はもう少し待つといいかもしれません。

Source:Macお宝鑑定団Blog

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, applewatch series6, AirTags, news, gear
0シェア
FacebookTwitter