iFixit
iFixit

iPhone 12のカメラを修理または交換するためには、アップルが認定した技術者のみ利用できるアップル公式ツールが必須であることが判明したと伝えられています。

本報告を発表したのは、ハイテク製品の分解でおなじみの修理業者iFixitです。同社は先日、iPhone 12と12 Proの分解レポートを公開したばかりです。iFixitがこの問題を発見したのは、まさに分解過程でiPhone 12のカメラモジュールを複数のデバイス間で交換したときのこと。

iFixitは徹底的なテストや複数の修理技術者のノートを比較、および漏えいしたアップル公式トレーニング文書を調査した結果、iPhone 12のカメラを互いに交換すると完全に信頼性が低下する、すなわち正常な動作が難しくなると述べています。

YouTuberのテイラー・ディクソン氏も、この現象を実際に検証しています。iPhone 12のカメラを別のiPhone 12に移し替えると、直後には動作するように見えるものの、実際に使うとまともに動作しないとのこと。超広角カメラへの切り替えを拒否され、特定のカメラモードのみ応答し、ときにはハングアップし、完全に操作できなくなるというぐあいです。

そしてiFixitは、アップルがすべての非公認業者によるカメラや画面の修理を禁止しようと計画している可能性もあると指摘しています。

上記の公式トレーニング文書では、iPhone 12シリーズではカメラと画面を完全に修復するためには、アップル独自クラウドにリンクされたシステム構成アプリを実行する必要があると伝えているとのこと。つまりアップルのクラウドサーバーにアクセスが許可された公認業者以外は、修理できなくなる恐れがあるわけです。

iFixit

とはいえ、iFixitはiPhone 12 Pro間でのカメラ交換では特に問題なく動作し、複数のiPhone 12間で画面を取り替えても「正規品ではないかもしれない」との警告が表示されるだけで動作したとも報告しています。アップル公式文書の内容も、すべてが徹底されず、部分的にしか実施されていない可能性もあるということです。

アップル非公認業者が部品を交換すると動作不能となる問題は、かつてTouch IDが統合されているホームボタンでも起こった前例があります。その時と同様に、またしても「修復する権利」運動が再燃するきっかけとなるのかもしれません。

Source:iFixit

Via:9to5Mac