本日、10月23日(金)。待望の新型、iPhone 12とiPhone 12 Proが発売になりました。ネットで予約した皆さん、お手元に本体は届きましたでしょうか。店頭で受け取った方もいるでしょう。さて今回は、iPhoneケース専門家である筆者が、あなたの”新しい相棒”に付けて欲しいiPhoneケースをご紹介します。

関連記事:

iPhone 12|12 Pro & 第4世代iPad Air実機先行レビューまとめ

まず初めに、現時点でiPhone 12|12 Proのケースを選ぶ際に注意したいポイントをお伝えします。今回の新機種は2つとも、同じサイズ・同じ大きさです。なので、基本的にケースは共用できます。純正ケースも、そのように作られています。ただし、iPhone 12のカメラ部分と、iPhone 12 Proのカメラ部分、実は、大きさが違います。

▲左が12 Pro、右が12

同じケースをつけた際の背面です。左が12 Pro、右が12ですが、12の方、カメラ部分横に溝が発生しているのがお分かりでしょうか。つまり、12 Proの方がカメラ部のサイズが大きくなっているんですね。”大は小を兼ねる”、12 Pro用ケースなら12も問題なくフィットしますが、12のカメラ部分を隙間なくぴっちり埋めているものは、Proにハマらない可能性があります。(とはいえ、この仕様にしているところは、現時点ではほとんどないかと思うんですが。)

iPhoneが発売されたばかりだと、「6.1インチ対応」と書かれたケースが市場に多く並びますが、メーカーそれぞれ仕様が違う場合があるので、量販店で気になった方は、店舗の方にサンプルを見せていただくか、メーカーに直接問い合わせるようにしてください。

iPhoneケースの選び方、もう一つ注意すべきことは”MagSafe(マグセーフ)”です。12と12 Proから採用された、背面からピタッと磁石にくっつく充電形式ですね。最大15Wのワイヤレス充電が可能で、Qi充電との互換性があります。iPhone 8以降で使えますが、磁力で正確な位置に装着できるのは、iPhone 12シリーズのみとなっています。

この充電方式を利用したい場合、ケースをつけたままで充電できるかどうかが、ポイントです。

実際、いくつかのケースを使って調べたところ、ポリカーボネート製・アラミド製など薄いケースであれば、装着したままMagSafe充電が使えました。ただし、それが急速充電になっているかどうかは、パッと見ではわかりません。MagSafeを取り付けると、フォン・・・という音がして、独自のアニメーションが画面に表示されるのですが、流れている電圧までは測定できないので、気になる方は、メーカーに直接問い合わせて確認していただきたいと思います。iPhoneの発売からしばらく経過すれば「MagSafe対応製品」と掲示されるようになると思いますので、それを待つのも一つの手ですね。

ではここからは、実際にiPhoneに装着して気に入ったiPhoneケースをご紹介します。

セルフィーや写真撮影にバッチリのハイブリット「オウルテック 耐衝撃ハイブリッドケース」

パソコンケースから、超タフなケーブル、アウトドアグッズまで扱うメーカー、オウルテックの「耐衝撃ハイブリットケース」です。側面は柔らかいTPU素材。背面は透明感がある、固めのポリカーボネートです。

こちらのハイブリットケースは、角が二重構造になっており、角から落ちても安心の形状です。

画面部分を見てみましょう。ディスプレイよりもわずかに上に出ています。これにより画面側から地面に落としてしまっても、ケース部分のみが接触することになるので、画面割れの危険性が低くなりますね。

このケースには、両面テープで接着するタイプの、リングが同梱されています。これまで、スマホリングと言えば、Appleのリンゴマークあたりに取り付ける人が多かったでしょう……が、MagSafeのことを考えると、別の場所に取り付ける必要があります。

オススメは、このように充電口近くにつけること。こうすると、3本の指を使って、本体ギリギリの部分で支えられます。

これで、セルフィー撮影の際に腕を遠くに伸ばせる=なるべく人力で、超広角を作れるのです。これホントいいですよ。

指にシンデレラフィットする柔らか耐衝撃・アピロス「HEXAGON 」

アピロスから、六角形フォルムのiPhoneケース「HEXAGON 」です。アピロスは、Apple Watchケース一体型バンドや、AirPodsケースのクリアタイプなど、デザイン性の高い&オリジナリティのある、ユニークな商品を続々リリースしているメーカー。どの製品も形状にこだわりがあるのですが、今回のケースもフォルムが素晴らしい。

まず最初の特徴は、背面部分カメラの下あたりからが少しふっくらと盛り上がっていること。これの何が良いかというと、端末をテーブルから持ち上げやすくなるのです。表からでも裏からでも持ち上げやすい。

そして、もう一つのポイントは、側面部分。ここに角度がついており、ケースを握ったとき、指の第一関節にしっかりハマるようになっています。

iPhone 12|12 Proの側面はエッジが立っているので、その部分を柔らかくフォローするこの形、なかなかやるな……と唸ってしまいました。

全体が、TPUで柔らかいのですがドイツメーカー製のスーパークリア素材で透明度も高く、手に入れてしばらくはドヤりたい、新色iPhone本体カラーを邪魔しません。根強い人気のストラップホールも付いていますので手首で支えた人にはぴったりです。

高級感満点!GRAMASのフルレザーケース

スーツや、カジュアル、ドレッシーな洋服にもどんな親でも合わせられる高級ケースグラマス。1点あたり2万円近い価格なので、ケースとしてはお高めの方ですが、この「GRAMAS German Shrunken-calf Genuine Leather Book Case」はきっちりとお勧めする理由があります。なんといってもこの革。ドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフを使用しており、とにかく発色がよく、表面加工のリッチ感が最高。一枚革のレザーケースで、薄くてスマート。開閉部はマグネットで、閉じたまま通話が可能。画面をしっかり保護したい、中にカードや名刺等を入れておきたいと言う人にはぴったりです。ケースは、上のベロを引っ張って差し込んでいくタイプになっています。

カメラホール部分の加工も美しく、一体感があります。本体のカラーとの相性があると思いますので、いろいろ組み合わせてみるといいですね。

また、GRAMASにはApple Watchのシリーズもあり、このバンドとの組み合わせは最高にスマートなのではないでしょうか。

新機種を買ったばかりのドヤ期を過ぎたら、全体からにじみ出る上品さと品質には定評がある、手帳ケースがお勧めです。価格的に、プレゼントにももってこいですよ。

以上、新型iPhoneのケースを選ぶ時のポイントと、お勧めケースをご紹介しました。みなさんが、自分の生活にフィットする、iPhoneをさらに楽しいものにしてくれる、良いケースにめぐり会えますように!!!


関連記事:

GRAMASのApple Watch用 新レザーバンドで秋のコーデ カスタムパーツも販売