iPhone 13 case
KDDI

iPhone 13シリーズの見た目はiPhone 12の全機種とそっくりに見えますが、では12用のケースが13にそのまま流用できるのか? 米9to5Macが4モデルそれぞれにつき、本体の寸法から検証しています。

先代のiPhone 12シリーズとiPhone 13シリーズは、どちらも本体の端が角張り、画面がエッジトゥエッジ(ディスプレイが前後または左右の端に及んでいる)デザインも同じです。ただし全モデルとも1つだけ小さいが無視できない変更があり、それによりケースの流用が難しくなっている模様です。

iPhone 12/12ProとiPhone 13

iPhone 13 ProとiPhone 13の寸法は同じです。すなわち高さが146.7mm、幅が71.5mm、厚さが7.65mmというもの。

かたやiPhone 12とiPhone 12 Proの寸法は(やはり同一)高さが146.7mm、幅が71.5mm、厚さが7.4mmとなっています。

つまりiPhone 12/ProとiPhone 13/Proの寸法はほぼ同じですが、背面カメラ周りのデザインが変更されているため、最新モデルは前年より0.25mmほど分厚くなっています。それによりiPhone 12/Pro用のケースはiPhone 13/Proに装着できないことになります。

iPhone 12 miniとiPhone 13 miniの場合

こちらも同じくiPhone 12 miniとiPhone 13 miniの高さは146.7mm、幅が71.5mmと一致しています。が、iPhone 12 miniの厚みが7.4mmに対して、iPhone 13 miniは背面カメラの設計変更により7.65mmに厚みが増しています。すなわちiPhone 12 mini用に設計されたケースは、iPhone 13 miniには合いません。

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxの場合

最後に6.7インチ最大モデルにつき、前年モデル用のケースが最新モデルに流用が可能か?という検証です。こちらもiPhone 12 Pro MaxとiPhone 13 Pro Maxともに高さが160.8mm、幅が78.1mm。ですが、前者の厚みが7.4mmに対して後者が背面カメラの設計変更により7.65mmと分厚くなっているため、やはり流用は利きそうにありません。

また9to5Macは、いずれのモデルも前年と今年とではボタンの配置がわずかにずれていることを指摘しています。厚みが0.25mm違うだけであれば「ケースに収まりにくい」で済む可能性もありますが、「ケース穴とボタンの位置が食い違う」のはどうしようもなさそうです。

すでにiPhone 13シリーズ用ケースはアップル純正のほか、様々なサードパーティ製品が発売されています。エンガジェット日本版の記事でも紹介していますので、そちらをご参照頂ければ幸いです。

Source:9to5Mac