CERAMIC

今年のフラッグシップiPhone 12シリーズ全機種のディスプレイは、耐久性を向上させるためにナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んだ「セラミックシールド」により保護されています。

アップル公称では「耐落下性能が4倍もアップ」と謳われていますが、その頑丈さはどれほどのものか。さっそく実際に検証したYouTuberが、テスト動画を公開しています。

YouTubeチャンネルのMobileReviewsEhは、iPhone 11とiPhone 12の耐久度を比較すべく、力計(加わった力を測定する装置)を用いていくつかのテストを行っています。

まずiPhone 11は352ニュートン(力の大きさの単位)が限界だったのに対して、iPhone 12は442ニュートンまで耐えられました。すなわちiPhone 12のセラミックシールドは、iPhone 11のカバーガラスより大幅に頑丈であると数値で示されたわけです。

またiPhone 12の表面はスクラッチ(ひっかき)テストでも鍵、コイン、石、ボックスカッターにも耐えられ、ディスプレイ上に傷も残っていません。

続いてモース硬度計(硬度1から10までの標準鉱物つき器具が入っている箱)によるテスト。こちらはiPhone 11が6と7ポイントで傷が付いたのに対して、iPhone 12では7ポイントでようやく微かな傷が付き、8で大きな傷が残ったという具合です。

その一方でiPhone 12の背面ガラスはiPhone 11と同じぐらいたやすく傷が付き、こちらは強化されていないもようです。MobileReviewsEhは総評として「セラミックシールドは間違いなくiPhone 12の方が丈夫」で「ディスプレイを割るにはかなりの努力が必要だった」としながらも、傷防止の観点からは「iPhone 12の残りの部分はiPhone 11と似たようなもの」との結論を述べています。

耐久テストは実施条件によりかなりのバラツキがあり、たとえば落下耐久ならiPhoneが落ちる角度、圧力に対する強度なら力を加える場所により異なる結果が導かれることもままあります。ひとまず「iPhone 11よりも頑丈になった可能性が高い」ということで、お手元のデバイスは今まで通り丁寧に扱いつつ、さらなるテスト結果を待ちたいところです。

Source:MobileReviewsEh(YouTube)

Via:MacRumors