iPhone12

一部のiPhone 12シリーズでモバイル通信が切断され、繋がらなくなるとの報告が相次いで寄せられています。これらラインアップは5Gをサポートした初のiPhoneとなりますが、5Gと4G LTEの両方で確認されています。

この問題がどれほどの範囲に及んでいるかは不明ですが、すでにiPhone 12/12 Pro発売直後の10月末にはアップル公式サポートコミュニティに苦情が投稿されており、記事執筆時点(12月2日現在)では570人以上が同じ問題を抱えているとマークを付けています。

最初に問題を報告した投稿(要約)は以下の通りです。

10分ほど運転してから目的地に到着したとき、アンテナが立っておらず「サービスなし」と表示されていました。通信を回復できる唯一の方法は、機内モードをオンにしてからオフに切り替えることだけでした。

iPhoneは通信モードを5Gオート(5Gの速度に応じてLTEに切り替えるモード)にしていました。私は試しにLTEに切り替えましたが、結果は同じでした。そこでネットワーク設定をリセットしたり、ゼロから再インストール (保存されたバックアップからではなく)しましたが、症状は同じでした。

私は車を運転し、iPhoneが通信できなくなった正確な場所を見つけました。それは特定のアンテナからカバレッジエリア(電波の送受信が可能な地域の範囲)の端であり、新たなアンテナでカバーされる地域に達したときに何かが起こったように思えます。

さらにアップルの技術サポートに電話すると、彼らはリモートで私のiPhoneに2つのプロファイル(下記)をインストールしました。

  • Baseband and Telephony Logging

  • CFNetwork Diagnostics

そうしてアップル技術サポートに相談した後も症状を再現できたので、報告書を提出しました。

もう少し調べてみると、RedditにはVerizonだけでなくAT&T(どちらも米通信キャリア。報告者のキャリアは前者)でも同じ問題を訴えている人がたくさんいました。iPhone 11Proでそんな問題が起こったことはありませんでした。

こうした症状はRedditでも報告されているほか、米9to5MacによればT-Mobileユーザーからも同様の訴えを聞いたとのことです。また米国のみならず、日本でも「日に何度か通信できなくなる」との報告が複数あり、200以上の「同じ質問がある」を集めているものも確認できます。

これらの投稿を総合すると、運転や移動中に基地局を切り替えるハンドオーバーが上手くいっていない可能性が高いとも推測されます。

なお、手もとのiPhone 12 mini(楽天モバイルのeSIM使用)では運転や高速移動する機会がまだないためか、このような問題が発生したことはありません。ともあれ、アップルからなんらかの対応があるか、続報を待ちたいところです。

Source:Apple

Via:9to5Mac