iPhone 12(仮)は6.1インチのエントリーとProモデルが先に発売か

5.4インチと6.7インチは後回し

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年09月8日, 午後 03:00 in iphone12
0シェア
FacebookTwitter
iPhone12
9to5Mac

今年のフラッグシップiPhone 12(仮)シリーズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3サイズ。そして比較的安価なエントリーモデルが5.4インチおよび6.1インチ、ハイエンドのProモデルが6.1インチと6.7インチの計4モデルがほぼ確実視されています。

このうち6.1インチ2つが先行発売、すなわちiPhone 12(仮)とiPhone 12 Pro(仮)が他2モデルよりも先に投入されるとのサプライチェーン情報が伝えられています。

台湾の業界情報誌DigiTimes記事によると、新型iPhoneラインアップは2段階に分けて登場する可能性があり、第1段階では6.1インチモデルが2機種、第2段階では6.7インチと5.4インチの2モデルが登場する見込みとのことです。

DigiTimesは以前も6.1インチモデル2つが先に発売されるとの観測をサブストレート配線板(SLP)の出荷タイミングに基づいて主張していたことがあり、改めて強調されたかっこうです。

今年の新型iPhoneが「昨年よりも数週間遅れる」のは、アップルが公式に認めたこと。新型コロナ禍により開発と生産が遅れていると見られており、複数モデルが二段階に分けて発売される予測も定説となりつつあります。

しかし「いつ、どのモデルが発売されるか」については意見が分かれるところ。米Bloombergもモデルにより発売時期がずれるとしながらも、エントリーモデル(5.4と6.1インチ)がProモデル(6.1と6.7)よりも先に出荷される予定だと報じていました。

かたや有名リーカー(注目の未発表製品につき情報発信する人)Jon Prosser氏はiPhone 12シリーズが10月12日の週(12〜16日)に発表としつつ、その週にエントリーモデルが予約および出荷開始とする一方で、Proモデルはその両方が11月までずれ込むと述べていました。

アップルがどのモデルをいつ発売するにせよ、まもなく何らかの告知があり、iPhone発表イベントが今月中にも(オンラインで)開催されるとの見方は強まっています。なにか動きがありしだい、弊誌Engadgetでもお伝えする予定です。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone12, applerumor, Apple, iphone12pro, digitimes, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents