iPhone12
iFixit

iPhone 12の部品コスト総額は、前年モデルのiPhone 11よりも約21%割高になっているとの分析が伝えられています。

米市場調査会社CounterpointがBoM(部品表)分析したところ、iPhone 128GBのミリ波対応モデル(つまり米国モデル)は最大431ドルかかっており、iPhone 11よりも26%も高く見積もられるとのこと。

RF(アンテナやシグナルチューナーおよびパワーアンプの集合体)設計が簡素化されたために27ドル以上もコストが下がっているのに、コスト増がそれを上回っていると分析されているわけです。さらに海外市場向け(日本を含む)のサブ6GHz専用モデルのBoMコストも18%増加しており、仮にミリ波モデルが38%の比率とすれば、平均でiPhone 11より約21%も増えているとのことです。

コストを押し上げる部品は、アプリケーションプロセッサ(A14 Bionic)や5G関連パーツ、ディスプレイおよび5G用RFコンポーネントなど。そしてA14チップも前A13から17ドル以上も高くなっており、UWBチップを含むアップル独自設計パーツがBoMコスト全体の16.7%以上を占めることに。さらにiPhone 11の液晶ディスプレイから有機ELへの移行も、23ドル以上のコスト増加に繋がっていると述べられています。

実際の販売価格を確認してみると、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MaxはiPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxに比べ内蔵ストレージの最小容量が64GBから128GBに引き上げられているのに価格は据え置きで、同じ256GBや512GBオプションでは下がっていました(こちらこちらを参照のこと)。逆にiPhone 12ではどのストレージ容量であれiPhone 11を上回っており、Counterpoint調べの信ぴょう性を裏付けています。

もっとも有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、アップルは5G対応サポートのコスト増を相殺して値上げを最小限に抑えるため、部品サプライヤーに圧力をかけたと述べていました。さらにiPhone 12にはハイブリッドハードバッテリーボードとソフトバッテリーボードなる新技術を採用し、iPhone 11シリーズの同等部品よりも40~50%のコストダウンを実現したとも分析しています。

またiPhone 12シリーズに有線イヤホンや電源アダプタが同梱されなくなったのも、5G対応コスト削減との見方もあります。我々ユーザーがアップルの利益を心配してあげる必要はないかもしれません。

Source:Counterpoint

Via:9to5Mac